ストールのデザイン

秋冬のストールを制作しています。
今年のラインナップはラムウールとヤクの毛をつかったもの。
なるべくシンプルに、ユニセックスで長くつかえるものを目指しています。

1点目はこちら。ラムウールのシンプルなストールです。

薄手でやわらかく、空気をふくんであたたかい。
ラムウールと手織りの特性がよくマッチした1点になりました。
とても軽いので、肩こりのある方にもおすすめです。

毛織物をつくるときには、仕上げに縮絨という作業をします。
これによって毛羽だった繊維が絡まり合い、よりふっくらとやわらかい織物になります。

縮絨のテスト中
ふわふわになります

よそよそしく並んだたてよこの織り目に一体感が…。加減が難しいですが、たのしい作業です。

わたしのつくるブランケットやストールにはフリンジがないものが多いです。切りっぱなしのデザインですっきり。やわらかく素朴な手織りウールの雰囲気とのバランスをとっています。

雰囲気づくりで参考にしているのはヨーロッパのおじさんたちのファッションです。
シンプルで最高にクール!

現在2本目のストールを制作中です。

「経継ぎ」という方法で次のたて糸を足します。たて糸を機にかける時間を短縮できる方法です。

が、

何百本もあるたて糸をひとつずつ手で結んでいく根気のいる作業。簡易法でも十分大変です…ぜんぶ結び終わるとすごい達成感!ミスもなくてよかった!(1本でも結び忘れると全部ズレちゃいますからね…)

経継ぎだけを専門にされているプロの方もいらっしゃいます。本職の方ならもっと早く美しく結べると思います。

だんだん布になってきました。藍染のチェック模様です。お楽しみに。

手織りウールのストール【2020秋冬】

ウールのストールを織っています。
杢カラー(2色の糸がまだらに合わさった糸)を2種類使用し、シンプルだけど奥行きのある色合いです。


ラムウールの糸をつかっているのでソフトな肌触り。
厚みは控えめですが、やわらかく軽量、空気をふくんでとてもあたたかいです^^

手織りはとても楽しい!けれど織機に腰かけてシャトルを動かす作業は「織り」の工程のなかでは氷山の一角です。その前に、入念な下準備… たて糸張り、何百本もの糸を一本一本織機の部品に通す作業など、途方もない時間がかかっています。

意外なことに、織りや染めには算数も不可欠です。糸の太さや織りの密度から使う糸の量を計算したり、染料の割合を導き出したりします。これらは織物をはじめるまで知らなかったことでした。とくに計算は…!慣れるまでは本当に大変でした。ちまちま、こつこつ、頭もウンウンひねって、ひとつひとつていねいにつくっています*

もうすこしで織りあがるので、ウェブショップで紹介できる日が楽しみです!

できました https://madokayuki.theshop.jp/items/35304351

手織りキルトのポットマット

ぼちぼち秋冬ものをつくりはじめていますが、一気に季節が移ろうものですから…少し出遅れてしまいました(;^_^A

年内に、コットンやウールをつかった商品など、少しずつ紹介していきたいと思っています。

まずはコットンのポットマットをつくりました。

オーガニックコットン糸をメインにつかった厚手の生地に、コットンわたを入れて制作しています。化繊よりもコットンのほうが耐火性にすぐれているので、わたもミシン糸もコットンのものを使います。

大きさ、厚み、見た目、素材…ポットマットはとても奥が深いです。それぞれキッチンに立つ方のこだわりもあると思います。

まずは大きさ。ポットやお鍋などを受け止められて、鍋つかみとしても使える方がいいな…と思い、大きめのサイズにしています。今自宅で使っているものが10㎝角くらいの大きさの市販品なのですが、オーブン料理やホームベーカリーをつかうときに、危ないなぁと思っていたのです。

厚みは中程度。分厚い方が安心感はあるのですが、ポットがぐらついたりすると使い勝手が悪くなるので…中わたをつめて、ミシンステッチでぎゅっと圧縮しています。鍋つかみとして使うときには2つ折りにするといいと思います。

見た目は極力シンプルに。吊り下げ収納にしてもかわいい見た目です。

素材はコットンをメインにつかっています。木や陶器、鋳物などいろいろな素材がありそれぞれに魅力がありますが、布製の魅力は保温性と、鍋つかみとしても使える利便性ではないでしょうか。最適なものを選んで、おいしいものをつくって食べて、元気に冬越ししましょう!^^

バランスを見ながらミシンステッチを入れています。何種類か制作し、ウェブショップに掲載しているのでぜひごらんください♪

https://madokayuki.theshop.jp/items/34799233

オーガニックコットンのkurumu

オーガニックコットンのガラ紡糸をつかってポーチをつくりました。
kurumu(くるむ)という名前で制作している定番商品です。

ボリュームのあるコットン糸をみっちりと織り込んでいるので、ぽってりと弾力のある生地に仕上がりました。

いつも通りシンプルですが、手仕事の良さをかんじられる商品です。

ものをていねいにくるむ行為は、自分の身の回りの物を愛しむことにつながるんじゃないかなぁ…などと、壮大なことをぼんやりと考えながらつくっている、そんなシリーズです。

詳細はウェブショップよりどうぞ。

https://madokayuki.theshop.jp/items/34452120