tsutsumu #tsugihagi

パッチワークのtsutsumuができました。
新作は模様のちがう3点です。

素材は倉敷で織られたコットンリネン。染めの材料には栗のいが、タイサンボクの果皮、桜の樹皮を使用しています。

タイサンボク

模様づくりはとってもたのしい作業です。
ポーチにしたときの模様の出方をイメージしながら、パズルのようにひとつひとつのピースをつなぎます。

世界にひとつだけ、というところもうれしいポイントだと思います。

ふたにはマグネットボタンがついています。
片手でさっと開閉できる点がとってもべんり。

クラッチバッグとしてはもちろん、バッグのなかの仕分けにもおすすめです。

文房具や本の持ち歩きにもいいですね。(写真は完売品)
https://madokayuki.theshop.jp/items/33045952

パッチワークの3点以外には、↑手織りの数寄屋袋が2点ございます。そのほかは完売しております。(2021.6.9現在)

流行りのないシンプルなカタチなので、長くお使いいただけます。
気になるものがあれば、ぜひショップのほうもご覧くださいね。

暑い日が続いております。梅雨はどこへいった??
手織りのキッチンクロス、藍染めの商品など準備をすすめております。
ゆっくりすぎること亀の如しですが、こつこつ&もくもく作業しています^^

偏愛―あづま袋

定番のあづま袋をざくろの果皮で染めました。

お抹茶の色みたいな渋めのグリーン。
光のかげんによっては、苔の色みたいにも見えるし、黄緑色に見えるときもある。写真に撮るのもムズカシイ。

こちらのからし色のストールもざくろで染めました。

ざくろの果皮は、オレンジよりの元気な赤色です。
でも、染める布は赤色にはならない。

多くの場合イエロー系に染まり、鉄で媒染すると、反応してグリーン系になります。不思議だなぁ。

小さいのも大きいのもかわいい^^
黒系の服装に合わせてもいいし、ワンピースや着物にもいいですね。

染めるときには、薬品をつかわずに作るよう心がけています。
おもしろいことに、草木染めといっても、薬品を多用する方法もあるんですよね。きれいに染めるための助剤がたくさん売られています。
そういったものは今後もなるべく使用せずにいたいです。

SとM、のこり1つずつあります。白もいいけど、こちらも雰囲気ある~。

白い国産生地でつくったクロスたち、
草木染めのショール、ソックスなど…いろいろ置いています。

藍染めの商品も続々出ています!

ぜひ、ショップページものぞいてくださいね♪

https://madokayuki.theshop.jp/

季節のソックスいろいろ。2021春夏

定番品のオーガニックコットンソックス。そのときどきの植物をチョイスして染めています。

2020年は、栗染めの明るいブラウンと、茜染めのあか色を販売しました。https://madokayuki.com/socks/

今回は、ザクロ染めのからし色と藍染め2色をご用意しました。ソックスの長さは、これからの季節に使いやすいショート丈もあります。

ざくろ染めの色は、白いワンピースやデニムに合いそう。藍染は、コンバースやブーツに合わせてみたい。藍染の濃色のほうは、革のサンダルなんてどうだろう。うん、どれもいい色。

染めものには、料理につかうのと同じような材料をつかっています。大豆やミョウバン、灰、鉄など。

藍染めは、紺屋さんにお願いして染めてもらっています。こちらも化学薬品は不使用で、天然原料のみで染めてくださっています。

藍染めは色落ちが気になるところですが、こちらは本藍染めの商品ですので、インディゴ染めなどと比べて色落ちは少ないです。最初にぬるま湯につけて「色だし」をすれば、そこまで気にならず使えます。しかも、藍染めは使うほどに色が冴えてくると言われます。長く付き合うのが楽しいひとしなです。

どのソックスも、オーガニックコットンの落ちわたをつかった糸をつかって編まれています。ナチュラルソックス、ぜひお試しくださいませ。

online shop http://madokayuki.theshop.jp

草木染ショール〈ザクロ〉

ざくろ染めのショールを掲載しました。
今年の夏のショールは国産リネンの正方形!

https://madokayuki.theshop.jp/items/44973840

ラインナップが続々と増えています。

zakuro
kusagi (sold out)
ume
kinari

植物の色素が混ざりあった複雑な色。
光の加減でちがって見えたりもする。
お手入れには少し気を使いますが…草木染めの製品には、それでも身に着けたいと思えるような特別さがあります。

ショールの素材は国内で織られたリネン。
どれも、染めるときには薬品をつかわず、大豆など安全な材料を使用しています。

むらなくきれいに仕上がりました。

草木染ショール〈クサギ〉

クサギ染めのショールができました。

クサギは「臭木」と書きます。原っぱに生える落葉低木です。
独特のにおいがあるためこんな名前がついていますが、秋になる実はとってもきれい。青い宝石のような実に星のような赤色のがくが添えられていて…とっても魅力的なのです。

葉や枝に比べて、実で染めるのは採集がとても大変です。

じつは今回染めにつかった実は、今は亡き祖父に採ってもらったもの。

植物学者だった祖父は、わたしのよい先生でした。
そして染料の仕入れ先だった…笑

不吉に感じてしまったらごめんなさいね。特にへんな念はこもっていないので安心してつかってくださいね…☺

前回の記事にも書きましたが、
生地は今季からつかっている富山のリネンです。
とてもいい素材で高価なのですが、1反で仕入れるので個人で買うよりもお得に購入できます。なので、良質で手がかかっているショールですが価格はおさえられていると思います◎

下処理にも豆汁(ごじる)をつかっているので、安全な材料のみでつくりました。よい仕事ができました。よしよし。

☆クサギ染め。
https://madokayuki.theshop.jp/items/43661848

☆こっちは梅染め。https://admin.thebase.in/shop_admin/items/edit/41131897

あったらいいな、なポーチ

ポケットティッシュケース付きの小さなポーチをつくりました。
手のひらサイズでころんとしていて、とてもかわいいです。

こちらの商品は、お客様の「あったらいいな」の声から生まれたもの。

手織りの生地をつかったシンプルなデザインで、ふたはマグネットボタンになっています。
ティッシュとリップクリームなどの小物をまとめられて、片手で開閉できるところがべんりです。

ちょっとしたお出かけでしたら、このポーチとハンカチ、財布とスマホと鍵。このくらいの荷物で身軽にでかけたいです。

手織りのオーガニックコットンのほどよい厚みとボリューム、手触りも
この商品にぴったり合っています。ぬいぐるみみたいで癒される…

布の量と縫製の関係で少し高価なのですが…日常づかいのアイテムとしてぜひ使っていただけたらと思います◎

https://madokayuki.theshop.jp/items/42874505

それにしても、商品のリクエストをいただけるのってとてもありがたいですねぇ。

気軽に相談できるわ~て思ってもらえる人でいたい。ネット上でのやりとりではありますが、そのくらいの距離感でいたいです。

あ、でも、できないものには結構はっきりゴメンナサイ!って言うてます。

染めたり織ったり縫ったり、生き物を相手にしているような感覚なので、
過去の商品とまったく同じものを作ることはむずかしいです。
「でもこんなのならできますよ~」とか、都度相談させてもらうようにしています。

良いものをつくるために、話がしたいです。
え、めんどくさい?
そう言わずに、何かあればご相談くださいね。

オーガニックコットンのマルチクロス

シンプルなものがすき。

長く使えるものを選びたい。

たくさんでなくていいから、お気に入りの道具を少しだけ持つくらしがいい。

そんなふうに日々思っていて、自分のつくるものもそうでありたいと願いつつ制作しています。

シンプルなものというのは、必ずしも見た目だけの話ではなく、

そのものの背景や素材も、ヘルシーなもののことではないかなぁと思うのです。

さてさて、今日は日々の制作のなかからひとつだけ商品を紹介させてください。


オーガニックコットン糸を手織りした布です。

包む・かける・敷く など多様に使える布。

みどり色のボーダー部分は「緑綿」というコットンのそのものの色です。

(はしのラインのみ草木染シルク糸をつかっています)

無地の部分もコットンの生成り色ですので、自然な色味だけど遊び心も取り入れた、世界にひとつだけの布。

シンプルだけれども無機質ではない。

そんな、手仕事のよさを感じられる商品をお届けしていきたいと思っております。

旅行のパジャマセットを包む

竹カゴの上にさっと掛けておく

テーブルに敷く

etc…

使い道を考えるのも楽しいひとときです。

https://madokayuki.theshop.jp/items/42820831

pocket tissues case

オーガニックコットンのポケットティッシュケースができました。

この布ができあがったときに、せっかくやわらかくて素敵な布なのでよく手にふれるものを作るのがいいなぁと思い、ティッシュケースを制作することに。

デザインはいろいろ試作した結果、シンプルベーシックなかたちに落ち着きました。

布の「みみ」の部分を活かしてつくったので、手織りっぽさがあってかわいいです。がら紡の糸のふぞろい加減もよくあらわれていて素敵に仕上がりました。ぜひ手に取っていただけるとうれしいです◎https://madokayuki.theshop.jp/items/42388625

最近目がかゆいのですが…もしかして、これがうわさの花粉症?黄砂?
遅咲きのデビューの予感です。

あ、ティッシュケースにポーチが付いているタイプもつくりました。https://madokayuki.com/tissue-pouch/

ティッシュと目薬、リップをセットで持ち歩くのにいいかも。
花粉症やだなぁ…

kurumu #Organic Cotton GARABOU

手織り布のポーチができあがりました。

かたちはいつもの封筒型で、大きさは Lサイズとミニサイズをつくってみました。

L サイズは文庫本やはがきの入るサイズ。ミニサイズは名刺の入るサイズ。かばんの中の整理整頓に使いやすいサイズなので、何を入れるか迷うのも楽しいです。

糸は、たて糸にオーガニックコットンの双糸、よこ糸にオーガニックコットンのガラ紡糸をつかいました。

この組み合わせははじめて織ったのですが、サンプル織りのときからとてもよい仕上がりだったので、かなり期待しながら織りすすめました。

できあがってみて、やっぱりいい布になった!とひとりで大喜び。

機からおろして水通しをするとさらにやわらかく、糸の特徴もよくあらわれたので、さらに大喜び。 (この時点で誰かに言いたすぎてインスタグラムに漏らした!)

たいそうかわいらしい布になったので、仕立てたポーチもいとかわゆしです。

Lサイズのほうは紐を太めのみつあみにしました。シンプルだけどかわいい印象がプラスされていると思います。

ミニサイズのほうは、かざりのガラス玉の色を選べるようにしました。

クリーム色、こはく色、べっこうあめの色の3種です。

…これ書いていて気づいたのですが、「べっこう色」でよくないですか?

べっこうあめの色て!

草木染め×国産リネンガーゼストール

国産リネンガーゼ生地をつかった巻きものをつくりました。

まだまだ寒い日もあるので気が早いかな…と思ったのですが、梅の枝の収穫時期に合わせて染めもおこなったので、できたてをお届けしています◎

今回は生成りと梅染めの2種類を掲載しました。どちらもかわいいな~

生成りは亜麻(リネン)そのものの色で、透明感があって素敵。

ひとくちに「生成り」といってもコットンのそれとは全然ちがいますね。うっすらグレーがかったような、光があたると銀色のような… 糸のロットによっても結構差があったりするので、そのあたりもリネンの面白いところだなぁと思います。

梅染めは、深みのあるオレンジがかったブラウンというかんじでしょうか。植物の生命力をかんじさせてくれるような、力強い色味です。こちらもとても素敵。

生地には国産のシングルガーゼをつかっています。この生地もとてもいい。

生地はストールの土台になる大事なものなので、今年もとても悩みました。

ざっくりと説明すると、糸番手(糸の太さなど)、糸密度(目の粗いもの?細かいもの?)、織り方、産地など…

たくさんの要素から、今回のテーマにあうものを選びます。

そうして選んだ北陸で織られたリネンガーゼ生地。もうかわいすぎる存在。

去年つかった生地とくらべると、若干粗めの織りになっています。 (糸が太くなり、糸密度は低くなっています。)

粗目の布になったぶん上品さを足したいな~と思い、今年のストールは正方形にしました。商品名は linen showl です。なんか「ショール」って、おばあちゃんが肩にかけているイメージがあってかわいいなって思って。

上の写真は白ベースのコーディネートに羽織ってみたところです。
ガラ紡糸で織ったトートバッグと合わせてみると思った以上に合う◎

正方形なので肩にかけたり巻いたりと自由度が高いです。

定番商品のヤクストール

madokayuki では、ゆるっと「持たないくらし」を応援しています。

きびしく持ち物を管理する必要はないと思うのですが、お気に入りのものを少しだけ手元に置く暮らしが理想です。流行にかかわらず長くつかえるものを、キャパオーバーにならずに付き合える量だけ選んで持つ… 

そういう生活のための道具をつくりたいと考えています。

「まきもの」のカテゴリーは、「ヤク」or「ウール」どちらかひとつと、「リネン」。この2つがあればオールシーズンOKだよっていうスタンスで制作しています。基本の2枚として手元に置いてもらえるといいなと思います。

ひとつのものを選んで、修理して長く使ってもらう…そんなふうにできたらいいなと思っています^^ メンテナンスや修理依頼についても、ショップページにまとめていきたいです。あそこで買えば安心だと思ってもらえるようなお店になればいいな。

linen showl #生成り https://madokayuki.theshop.jp/items/41131512
linen showl #梅染め https://madokayuki.theshop.jp/items/41131897

おたのしみセット #for kitchen

おたのしみセットをつくりました。たのしかったぁ♪

画像をクリックすると商品ページにジャンプします

商品ページのほかに、ウェブショップ宣伝用の記事を書いたので貼っておきます。
これを見ればざっくり何が入っているか知ることができます^^

https://thebase.in/mag/madokayuki-theshop-jp/2021/03/04/114208

商品づくりの足掛かりはまず素材から。

地元岡山のよい布が手に入ったので、「この生地を活かす」を基本にして考えていきます。

なるべく装飾のないシンプルなもので、素材の風合いがよくわかるように。

素材の特徴がものとしての機能を助けるように。

そんなことを考えて→キッチン用のセットをつくることに決めました。

宣伝記事にも書いたように、「白は選ばない」とおっしゃる方も多いと思います。

わたしも今まではそうでした。だって汚れが目立つから…

クロス類に白をつかうって、すっごくハードル高くないですか?
しかもそのハードルを自分で設置するって… ただでさえ忙しいのに、いやぁ、むりむり。

…そう思いつつ、まずは何度も試作して自分で使いました。

結果は上々です。

折りたたんでちょっとしたマットがわりにも。

我が家ではキッチンクロス、台ふき、手拭きを白いシリーズで揃えました。

といっても別におしゃれなキッチンではないんですけど。(よくある昭和のキッチン…^^)

確かにお手入れは大変ですが、使い勝手はとてもよいです。

使い捨てのペーパーや古布なんかもうまく利用しつつ付き合っています。

あとは、キッチンの統一感とか清潔感とか、何より自分の生活をよくしていこう!という気合?が入るような気がします。押忍。

前よりもキッチンの景色を好きになれたなぁと感じています。

みなさまも、自分や誰か大切な人にエールを送るときに、使っていただけたらと思います。

それでは今日はこのへんで◎

tsugihagi

つぎはぎの小物をいろいろつくりました。

このシリーズはいつも作れるわけではなく、はぎれのストックがたまって、その色合わせがうまくいきそうだ!とひらめいたときのみ始動する…私の中ではゲリラ祭り?みたいな感じです。笑

今回は、生成りと栗染めの明るいブラウンと泰山木のグレー。

この組み合わせが絶妙すぎて、小物にしたらきっと素敵!とつくりたい欲が爆発した次第です。

つくるものによってパッチワークの組み合わせや縫い方などを変えています。バッグなどはミシンステッチで補強してあるので、ポーチとは雰囲気ががらりと変わっています。

ポーチは布をバイアス(ななめ)に使うので、接着芯を入れました。

それ以外は天然繊維のみで制作しています。

お気に入りがみつかりますように…

madokayuki tsugihagiシリーズhttps://madokayuki.theshop.jp/categories/3283981