つつむ(tsutsumu)ポーチを再掲しました。

長い間品切れしていた tsutsumu を制作しました。
前回の記事はこちら。

このポーチは一般的には「数寄屋袋」と呼ばれていて、茶道をされている方にとってはなじみのあるものなのですが…

それ以外のかた、とくに若い人にはあまり知られていないのでは?と思い、わたしは勝手に「つつむ」という名前をつけて呼んでいます。

tsutsumu は、お稽古だけでなく、クラッチバッグ、バッグインバッグ、タブレットケースなど、いろいろに使えるべんりなポーチです。

ちなみに、同じようなかたちで紐つきのものは、これまた勝手に「くるむ」と呼んでいます。こちらにも「三徳袋」という名前があるのですが、リスペクトしつつ好きな名前で呼んでいます(‘ω’)

布は、草木染の麻糸とオーガニックコットンをつかって手織りしています。内布は栗染めです。

MとLの2種類制作しました。
バランスを見ながらていねいに…
手縫いの部分もたくさんあるのでゆっくりと仕上げました。

すこし硬めの芯地を入れたので、和装はもちろんだけど、このままクラッチバッグにしてもいい。革のトートバッグの中でバッグインバッグにするとか…うん、そんなのも素敵。(あ、おそろいのトートバッグもあるのでペアで持つのももちろん素敵です。)

うつくしい佇まいに仕上がっています。
上品だけど、ジーンズにも合いそうだ。満足!

Mサイズ https://madokayuki.theshop.jp/items/33045952
Lサイズ https://madokayuki.theshop.jp/items/33049546

わけありガラ紡ソックス

茜染めの商品がとても好評です。ありがとうございます。
品切れのものが多いですが、茜染めと栗染めのソックスのセットは販売中なのでお知らせします。

オーガニックコットンのソックスをひとつひとつ手染めしてつくった商品です。
肉厚ソックスなのであたたかく、ルームソックスとしても、おでかけの際の差し色としてもかわいいです。わたしも愛用中!

今回は染めむらのできてしまったソックスをお得なお値段で販売しております。
リブの内側など、染まりづらい部分に白のこりがありますが、それ以外はふつうのソックスと変わりません。

なるべく薬品にたよらずに染めているので、どうしてもできてしまうムラ…
完全にふせぐことはできませんが、製品チェックをして上出来だったものを一般販売用にしています。そして、チェックの際に比較的ムラの多かったものを今回販売しています。

写真のとおり、ぱっと見はとてもきれいに染まっていて、履いた時のリブの伸びたところに白のこりがあります。廃棄にはしたくないので、なるべくていねいに説明をして、お客様につかっていただければと思っています。てしごとの品々とおおらかに付き合っていただけるとうれしいです。

商品はこちらのページよりご覧ください。https://madokayuki.theshop.jp/items/38111729

祈るような時間。

2021年になりました。あいかわらず作業場にこもってちまちまと手を動かしています。

もともとインドアなこともあって外出できないことはあまり苦になりませんが、年を越した感覚があまりないのはいかがなものか。初詣したり初日の出を拝んだりしていないからかな?あの年始のぴりっと澄んだ空気を感じたい…

混雑のピークは過ぎただろうから、そろそろ出かけてみようと思います。
ご近所なんですけど、境内から瀬戸内海が見えて素敵な神社なんです。

年末のさいごの仕事として、刺し子の三点セットをつくりました。

kurumu(定番商品の封筒型ポーチ)2つとキーリングのセットです。

草木染の生地の全面に、リネン糸でステッチを入れています。ステッチを入れることで、適度な厚みのある丈夫な布になりました。

ミニサイズのほうは、せっかくの風合いをいかすために裏地はつかわず、内側を手縫いでまつってあります。ミシンでやれば一瞬なんですけど、ここは小さなこだわりです。

3点仕上げるのにはとても時間がかかります。

そのため定番商品にはできないのですが、年末のおたのしみセットとして数点のみ販売しました。

ちくちく。ストーブの前に座って黙々と手を動かす時間。
こんなご時世なので静かな年末年始でしたが、私にとってはこの作業こそが、自分をリセットするための大切な時間になりました。

来年もまた何かのかたちでお楽しみセットの企画ができればいいなと思います。

コロナ禍で大変な1年でしたが、良いこともありました。

一番はこうしてものづくりを再開できたことです。

ずっと使っていなくて苔だらけになった船にのって、ようやく漕ぎ出した、そんなかんじの、私の人生においてかなり重要な年でした。

ブログやSNS、ショップを見てくださる人、作品を手にとってくださる人。たくさんの人に支えられていることを感じます。

本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

作業中はラジオを聴くことが多いのですが、すきなMCの方が「いいことがあったときは周りの人に少し返す」というようなことを言っていました。

わたしも少しずつですが、関わってくださる方に返していきたいです。
ていねいにつくって、喜んでもらう。自分にできることをこれからも。^^