おたのしみセット #for kitchen

おたのしみセットをつくりました。たのしかったぁ♪

画像をクリックすると商品ページにジャンプします

商品ページのほかに、ウェブショップ宣伝用の記事を書いたので貼っておきます。
これを見ればざっくり何が入っているか知ることができます^^

https://thebase.in/mag/madokayuki-theshop-jp/2021/03/04/114208

商品づくりの足掛かりはまず素材から。

地元岡山のよい布が手に入ったので、「この生地を活かす」を基本にして考えていきます。

なるべく装飾のないシンプルなもので、素材の風合いがよくわかるように。

素材の特徴がものとしての機能を助けるように。

そんなことを考えて→キッチン用のセットをつくることに決めました。

宣伝記事にも書いたように、「白は選ばない」とおっしゃる方も多いと思います。

わたしも今まではそうでした。だって汚れが目立つから…

クロス類に白をつかうって、すっごくハードル高くないですか?
しかもそのハードルを自分で設置するって… ただでさえ忙しいのに、いやぁ、むりむり。

…そう思いつつ、まずは何度も試作して自分で使いました。

結果は上々です。

折りたたんでちょっとしたマットがわりにも。

我が家ではキッチンクロス、台ふき、手拭きを白いシリーズで揃えました。

といっても別におしゃれなキッチンではないんですけど。(よくある昭和のキッチン…^^)

確かにお手入れは大変ですが、使い勝手はとてもよいです。

使い捨てのペーパーや古布なんかもうまく利用しつつ付き合っています。

あとは、キッチンの統一感とか清潔感とか、何より自分の生活をよくしていこう!という気合?が入るような気がします。押忍。

前よりもキッチンの景色を好きになれたなぁと感じています。

みなさまも、自分や誰か大切な人にエールを送るときに、使っていただけたらと思います。

それでは今日はこのへんで◎

国産の布でつくる台ふきん

こだわりのリネンガーゼ生地で台ふきんをつくりました。
シンプルな白いクロスは、お台所をすっきりと見せてくれます。

台ふきとしてはもちろん、カゴ類の目隠しやお客様用のおしぼり、おやつマットや子どものお世話用など…いろいろな用途につかえます。何枚か持っておくととてもべんりで、日々の家しごとがはかどります。

新年用にさっそく購入してくださった方もいらっしゃいます。台所小物や下着など、新調するにはよいタイミングですね。

生地は国産コットンリネンです。
倉敷産のコットンリネンダブルガーゼ生地を2枚仕立てにし、ひとつずつていねいに縫い合わせました。
じゃまにならない場所にさりげなくループをつけてあります。

リネンを織っている工場は、国内にはわずかしかありません。
商品につかったリネン生地は、そのうちのひとつ、倉敷の工場でつくられたものです。

「ほら、とてもきれいな布でしょう。」
生地の買い付けに伺うと、年配の女性が嬉しそうに案内してくださいます。
自社製品に誇りをもち、真摯にものづくりをされている企業です。

国内製造の貴重なリネンをつかって何かつくれないだろうか。
高級なものではなく、日常のくらしにとけこむような何か…
そんな思いで計画し、商品化しています。

ひとつひとつは小さなクロスですが、使われている布は上質で美しいもの。
素材の良さを活かせるよう、装飾をひかえてシンプルに仕上げています。
とてもよいものが出来上がったと思います。

リネンの良さは、風合いの美しさだけではなく、繊維の丈夫さと吸水性・速乾性にあります。
くり返し洗えて丈夫で長持ち。乾きやすい布は、いやなにおいもおさえられる。
くたびれたらぞうきんにして、最後までつかえます。
働く布として、ぜひ愛用していただけるとうれしいです。

欠点は、白いので汚れが目立つところでしょうか。それが美点でもあるのですが。

みなさまのお気に入りになりますように。

ずっと作り続けたいもの。リネンのキッチンクロス

キッチンクロスをつくりました。
手織りをはじめた初期の頃からつくっている定番商品です。

生成りのリネンを平織りしたシンプルな布。

ふきんとしてはもちろん、プレイスマットやカゴの目隠し、折りたたんで鍋つかみや鍋敷きにつかうのもよいです。

一枚で何通りにも使えるので、キッチンに一枚あると重宝します。

自宅でつかっていたクロスはこんなにくたくたになってしまいました。
漂白実験につかったので見た目はこんなかんじですが、擦り切れなどはなくまだまだ現役です。

リネンの商品は今では巷にあふれ、数年前では考えられなかったほど安い値段で手に入るようになりました。

リネンのキッチンクロスも然り。色や柄も豊富で、安くて良いものが手に入ります。

そんななかで、生成りの、何の変哲もないクロスをつくり続ける私…

30年くらい先の姿を想像しながら織っています。

お互いにクタクタになって、良い塩梅だとよいよね。