あったらいいな、なポーチ

ポケットティッシュケース付きの小さなポーチをつくりました。
手のひらサイズでころんとしていて、とてもかわいいです。

こちらの商品は、お客様の「あったらいいな」の声から生まれたもの。

手織りの生地をつかったシンプルなデザインで、ふたはマグネットボタンになっています。
ティッシュとリップクリームなどの小物をまとめられて、片手で開閉できるところがべんりです。

ちょっとしたお出かけでしたら、このポーチとハンカチ、財布とスマホと鍵。このくらいの荷物で身軽にでかけたいです。

手織りのオーガニックコットンのほどよい厚みとボリューム、手触りも
この商品にぴったり合っています。ぬいぐるみみたいで癒される…

布の量と縫製の関係で少し高価なのですが…日常づかいのアイテムとしてぜひ使っていただけたらと思います◎

https://madokayuki.theshop.jp/items/42874505

それにしても、商品のリクエストをいただけるのってとてもありがたいですねぇ。

気軽に相談できるわ~て思ってもらえる人でいたい。ネット上でのやりとりではありますが、そのくらいの距離感でいたいです。

あ、でも、できないものには結構はっきりゴメンナサイ!って言うてます。

染めたり織ったり縫ったり、生き物を相手にしているような感覚なので、
過去の商品とまったく同じものを作ることはむずかしいです。
「でもこんなのならできますよ~」とか、都度相談させてもらうようにしています。

良いものをつくるために、話がしたいです。
え、めんどくさい?
そう言わずに、何かあればご相談くださいね。

pocket tissues case

オーガニックコットンのポケットティッシュケースができました。

この布ができあがったときに、せっかくやわらかくて素敵な布なのでよく手にふれるものを作るのがいいなぁと思い、ティッシュケースを制作することに。

デザインはいろいろ試作した結果、シンプルベーシックなかたちに落ち着きました。

布の「みみ」の部分を活かしてつくったので、手織りっぽさがあってかわいいです。がら紡の糸のふぞろい加減もよくあらわれていて素敵に仕上がりました。ぜひ手に取っていただけるとうれしいです◎https://madokayuki.theshop.jp/items/42388625

最近目がかゆいのですが…もしかして、これがうわさの花粉症?黄砂?
遅咲きのデビューの予感です。

あ、ティッシュケースにポーチが付いているタイプもつくりました。https://madokayuki.com/tissue-pouch/

ティッシュと目薬、リップをセットで持ち歩くのにいいかも。
花粉症やだなぁ…

リネンの巾着袋

手織りの巾着袋をつくりました。

白いリネンの子と、草木染で模様を織った子。

革紐でしぼってつかいます。

袋ものの形状ってさまざまありますよね。 

巾着袋のようなひもで絞るもの、
チャックがついているもの、
がま口、ばね口、ボタン…

あと、わたしがつくっている定番商品に、封筒型のポーチがあります。

布を織り紙のように折って仕立てる仕組みのものです。

日本のふくさ、数寄屋袋(和装小物)、東南アジアの小物入れに見られるかたちです。

いろんなかたちがあって、いろんな素材があって、いろんな用途がある。
それがとってもおもしろいです。

このリネンのポーチのいいところは、とにかくシンプルで手になじむところ。
所有欲を満たすような高級感?はないかもしれないけれど、
相棒としていつも持ち歩けるような、そんな存在。

ベーシックなカタチで、シンプルなデザインのもの。

こういうものをつくっているときに一番「自分がつくる意味」を感じることができています。ありがたや。

ショップはこちら。https://madokayuki.theshop.jp/