藍染めの色落ちと色移りの実験

販売中の藍染めソックスをつかって実験をしました。

藍染めは色落ち・色移りがある、というのはよく聞く話なのですが、本当でしょうか。

じつはこれは、染め方や染める材料によって程度にかなり差があります。同じ藍染めでも一括りにできないのです。

今回はあくまでわたしの扱っている藍染め商品の色落ち・色移りについて。参考にしていただければと思います。

madokayukiの藍染め

わたしの制作では、藍染めのみ紺屋さんにお願いして染めてもらっています。

お願いしているのは、藍の染液を発酵させて染色する「本藍染め」という技法による染色です。
草木染めや柿渋染めとはちがって発酵の管理がありますので、プロにお願いしているというわけです。

※ 同じ藍染でも薬品をつかい発酵させずに染める方法もあります。

藍の色出し

藍染めの商品は、使用や保管にいくつか注意点があるので、商品説明に詳しく記載しています。

そのなかに、「色出し」という項目があります。

これは、藍染めの製品をはじめて使う前に、布についた余分な染料をおとすためのものです。

染めの仕上げにお酢をつかって色止めしてあります。購入してくださった方には、使用前の準備として色出しをお願いしています。

色出しの方法は、水かぬるま湯をボウルなどに溜め、商品を洗って陰干しする。これだけです。

今回の実験では、色出しによる色落ち、色出し後の製品から色移りする可能性 、染料がまじった水から色うつりする可能性、 について考えてみます。

藍染め製品は色落ちする?

色出しのために、藍染めソックスを水につけます。

しばらくすすぐと、ためた水が薄い水色になりました。

5分ほどすすぎましたが、水がこれ以上濃くなることはありませんでした。

色出しのさいは水が青くなりますが、これは繊維についた余分な染料が落ちるためです。その後のお洗濯で、これ以上色落ちがはげしくなることはありません。水が黄色くにごる場合はありますが、これは植物のアクで、天然の藍染め特有のものです。

(後日ソックスを湯洗いしましたが、水は青くならず、灰汁ですこし黄色くなるだけでした。)

インディゴ染めや薬品をつかう藍染では、色落ちが止まらないというトラブルもあると聞きますが、取り扱いの商品ではその心配はなさそうです。

色出し前は、ソックスに触った手や爪がうっすらと青くなりました。
衣類や床に色がうつる可能性もあるので、やはり色出しは必ずした方がよいです。

結果:洗うことによる急激な色落ちはない。

(ただし、徐々に色の変化はありますし、日光による退色もあります。まったく色が変わらないというわけではありません。)

服や靴への色移りが心配…

次に、色出しをしたソックスから他の衣類への色移りがあるかどうかを調べます。

実験では、もっとも色移りが起こりやすい環境をつくります。

色出しをした直後のソックスを、濡れた状態で、布に強くこすりつける

色出しはしましたが、若干は余分な染料がのこっているはず。そして、濡れた状態の方が色がうつりやすい。この状態で、白い布に20回ほど強くこする。どうなるでしょうか。

写真のように、白い布に青い色がうつっています。布を乾燥させると目立たなくなるものの、藍が布に付いたことは間違いありません。

これは、「白い布が青く染まっている」のではなく、「白い布に藍の成分が付着している」状態です。染まっているわけではないので、すぐに洗えばほぼ落とすことができます。

写真左:こすった布を乾かしたもの 写真中央:それを洗ったもの

実験はおおげさな状況をつくっておこなっています。じっさいのところはここまで色移りすることはないと思いますが、注意してもらうために商品説明にも「強い摩擦、濡れた状態はNG」と書かせていただいています。

(乾いた状態のソックスを同じように強くこすっても、色移りはほとんどありませんでした。)

結果:濡れたまま強くこすると色がうつる。すぐに洗えばほぼ落ちる。

(くつの内側や白物衣料に色が付くことは考えられますので、使い始めは注意が必要です。)

水から色が移ることはある?

藍染め製品を洗った水から色移りすることはあるのでしょうか。

もしあるとしたら、いっしょに洗濯できないので不便ですよね。試してみましょう。

実験では、「色出し」で青くなった水に、1分間布をつけ、そのまま乾かしました。

写真右:青い水につけて乾かした布

結果は、布は白いまま。洗濯機では大量の水をつかうので、色移りのリスクはもっと低いと思います。ただ、脱水などで濡れたまま摩擦が起こることによって色がうつる可能性はあるので、ネットを使用するとより安全です。

結果:水を介して色移りすることはない。(洗濯はネット使用)

まとめと藍の魅力

以上、取り扱いの藍染め製品の色落ち・色移りについてでした。

使用に難があるほどの問題はないと思うのですが、化学染料のものとくらべ、気遣いがいることに変わりはありません。

それでも、ほかでは得られない深い色合いは藍染めならではのものですし、製品になる過程がとてもナチュラルだというところも本藍染めの魅力だと思います。

注意点を知ったうえで、楽しく付き合っていただけたらと思います。

参考になりましたら幸いです。

本藍染め×オーガニックコットンのソックス
https://madokayuki.com/socks-2021/

tsutsumu #tsugihagi

パッチワークのtsutsumuができました。
新作は模様のちがう3点です。

素材は倉敷で織られたコットンリネン。染めの材料には栗のいが、タイサンボクの果皮、桜の樹皮を使用しています。

タイサンボク

模様づくりはとってもたのしい作業です。
ポーチにしたときの模様の出方をイメージしながら、パズルのようにひとつひとつのピースをつなぎます。

世界にひとつだけ、というところもうれしいポイントだと思います。

ふたにはマグネットボタンがついています。
片手でさっと開閉できる点がとってもべんり。

クラッチバッグとしてはもちろん、バッグのなかの仕分けにもおすすめです。

文房具や本の持ち歩きにもいいですね。(写真は完売品)
https://madokayuki.theshop.jp/items/33045952

パッチワークの3点以外には、↑手織りの数寄屋袋が2点ございます。そのほかは完売しております。(2021.6.9現在)

流行りのないシンプルなカタチなので、長くお使いいただけます。
気になるものがあれば、ぜひショップのほうもご覧くださいね。

暑い日が続いております。梅雨はどこへいった??
手織りのキッチンクロス、藍染めの商品など準備をすすめております。
ゆっくりすぎること亀の如しですが、こつこつ&もくもく作業しています^^

偏愛―あづま袋

定番のあづま袋をざくろの果皮で染めました。

お抹茶の色みたいな渋めのグリーン。
光のかげんによっては、苔の色みたいにも見えるし、黄緑色に見えるときもある。写真に撮るのもムズカシイ。

こちらのからし色のストールもざくろで染めました。

ざくろの果皮は、オレンジよりの元気な赤色です。
でも、染める布は赤色にはならない。

多くの場合イエロー系に染まり、鉄で媒染すると、反応してグリーン系になります。不思議だなぁ。

小さいのも大きいのもかわいい^^
黒系の服装に合わせてもいいし、ワンピースや着物にもいいですね。

染めるときには、薬品をつかわずに作るよう心がけています。
おもしろいことに、草木染めといっても、薬品を多用する方法もあるんですよね。きれいに染めるための助剤がたくさん売られています。
そういったものは今後もなるべく使用せずにいたいです。

SとM、のこり1つずつあります。白もいいけど、こちらも雰囲気ある~。

白い国産生地でつくったクロスたち、
草木染めのショール、ソックスなど…いろいろ置いています。

藍染めの商品も続々出ています!

ぜひ、ショップページものぞいてくださいね♪

https://madokayuki.theshop.jp/

季節のソックスいろいろ。2021春夏

定番品のオーガニックコットンソックス。そのときどきの植物をチョイスして染めています。

2020年は、栗染めの明るいブラウンと、茜染めのあか色を販売しました。https://madokayuki.com/socks/

今回は、ザクロ染めのからし色と藍染め2色をご用意しました。ソックスの長さは、これからの季節に使いやすいショート丈もあります。

ざくろ染めの色は、白いワンピースやデニムに合いそう。藍染は、コンバースやブーツに合わせてみたい。藍染の濃色のほうは、革のサンダルなんてどうだろう。うん、どれもいい色。

染めものには、料理につかうのと同じような材料をつかっています。大豆やミョウバン、灰、鉄など。

藍染めは、紺屋さんにお願いして染めてもらっています。こちらも化学薬品は不使用で、天然原料のみで染めてくださっています。

藍染めは色落ちが気になるところですが、こちらは本藍染めの商品ですので、インディゴ染めなどと比べて色落ちは少ないです。最初にぬるま湯につけて「色だし」をすれば、そこまで気にならず使えます。しかも、藍染めは使うほどに色が冴えてくると言われます。長く付き合うのが楽しいひとしなです。

どのソックスも、オーガニックコットンの落ちわたをつかった糸をつかって編まれています。ナチュラルソックス、ぜひお試しくださいませ。

online shop http://madokayuki.theshop.jp

草木染ショール〈ザクロ〉

ざくろ染めのショールを掲載しました。
今年の夏のショールは国産リネンの正方形!

https://madokayuki.theshop.jp/items/44973840

ラインナップが続々と増えています。

zakuro
kusagi (sold out)
ume
kinari

植物の色素が混ざりあった複雑な色。
光の加減でちがって見えたりもする。
お手入れには少し気を使いますが…草木染めの製品には、それでも身に着けたいと思えるような特別さがあります。

ショールの素材は国内で織られたリネン。
どれも、染めるときには薬品をつかわず、大豆など安全な材料を使用しています。

むらなくきれいに仕上がりました。

草木染ショール〈クサギ〉

クサギ染めのショールができました。

クサギは「臭木」と書きます。原っぱに生える落葉低木です。
独特のにおいがあるためこんな名前がついていますが、秋になる実はとってもきれい。青い宝石のような実に星のような赤色のがくが添えられていて…とっても魅力的なのです。

葉や枝に比べて、実で染めるのは採集がとても大変です。

じつは今回染めにつかった実は、今は亡き祖父に採ってもらったもの。

植物学者だった祖父は、わたしのよい先生でした。
そして染料の仕入れ先だった…笑

不吉に感じてしまったらごめんなさいね。特にへんな念はこもっていないので安心してつかってくださいね…☺

前回の記事にも書きましたが、
生地は今季からつかっている富山のリネンです。
とてもいい素材で高価なのですが、1反で仕入れるので個人で買うよりもお得に購入できます。なので、良質で手がかかっているショールですが価格はおさえられていると思います◎

下処理にも豆汁(ごじる)をつかっているので、安全な材料のみでつくりました。よい仕事ができました。よしよし。

☆クサギ染め。
https://madokayuki.theshop.jp/items/43661848

☆こっちは梅染め。https://admin.thebase.in/shop_admin/items/edit/41131897

あったらいいな、なポーチ

ポケットティッシュケース付きの小さなポーチをつくりました。
手のひらサイズでころんとしていて、とてもかわいいです。

こちらの商品は、お客様の「あったらいいな」の声から生まれたもの。

手織りの生地をつかったシンプルなデザインで、ふたはマグネットボタンになっています。
ティッシュとリップクリームなどの小物をまとめられて、片手で開閉できるところがべんりです。

ちょっとしたお出かけでしたら、このポーチとハンカチ、財布とスマホと鍵。このくらいの荷物で身軽にでかけたいです。

手織りのオーガニックコットンのほどよい厚みとボリューム、手触りも
この商品にぴったり合っています。ぬいぐるみみたいで癒される…

布の量と縫製の関係で少し高価なのですが…日常づかいのアイテムとしてぜひ使っていただけたらと思います◎

https://madokayuki.theshop.jp/items/42874505

それにしても、商品のリクエストをいただけるのってとてもありがたいですねぇ。

気軽に相談できるわ~て思ってもらえる人でいたい。ネット上でのやりとりではありますが、そのくらいの距離感でいたいです。

あ、でも、できないものには結構はっきりゴメンナサイ!って言うてます。

染めたり織ったり縫ったり、生き物を相手にしているような感覚なので、
過去の商品とまったく同じものを作ることはむずかしいです。
「でもこんなのならできますよ~」とか、都度相談させてもらうようにしています。

良いものをつくるために、話がしたいです。
え、めんどくさい?
そう言わずに、何かあればご相談くださいね。

オーガニックコットンのマルチクロス

シンプルなものがすき。

長く使えるものを選びたい。

たくさんでなくていいから、お気に入りの道具を少しだけ持つくらしがいい。

そんなふうに日々思っていて、自分のつくるものもそうでありたいと願いつつ制作しています。

シンプルなものというのは、必ずしも見た目だけの話ではなく、

そのものの背景や素材も、ヘルシーなもののことではないかなぁと思うのです。

さてさて、今日は日々の制作のなかからひとつだけ商品を紹介させてください。


オーガニックコットン糸を手織りした布です。

包む・かける・敷く など多様に使える布。

みどり色のボーダー部分は「緑綿」というコットンのそのものの色です。

(はしのラインのみ草木染シルク糸をつかっています)

無地の部分もコットンの生成り色ですので、自然な色味だけど遊び心も取り入れた、世界にひとつだけの布。

シンプルだけれども無機質ではない。

そんな、手仕事のよさを感じられる商品をお届けしていきたいと思っております。

旅行のパジャマセットを包む

竹カゴの上にさっと掛けておく

テーブルに敷く

etc…

使い道を考えるのも楽しいひとときです。

https://madokayuki.theshop.jp/items/42820831

pocket tissues case

オーガニックコットンのポケットティッシュケースができました。

この布ができあがったときに、せっかくやわらかくて素敵な布なのでよく手にふれるものを作るのがいいなぁと思い、ティッシュケースを制作することに。

デザインはいろいろ試作した結果、シンプルベーシックなかたちに落ち着きました。

布の「みみ」の部分を活かしてつくったので、手織りっぽさがあってかわいいです。がら紡の糸のふぞろい加減もよくあらわれていて素敵に仕上がりました。ぜひ手に取っていただけるとうれしいです◎https://madokayuki.theshop.jp/items/42388625

最近目がかゆいのですが…もしかして、これがうわさの花粉症?黄砂?
遅咲きのデビューの予感です。

あ、ティッシュケースにポーチが付いているタイプもつくりました。https://madokayuki.com/tissue-pouch/

ティッシュと目薬、リップをセットで持ち歩くのにいいかも。
花粉症やだなぁ…

kurumu #Organic Cotton GARABOU

手織り布のポーチができあがりました。

かたちはいつもの封筒型で、大きさは Lサイズとミニサイズをつくってみました。

L サイズは文庫本やはがきの入るサイズ。ミニサイズは名刺の入るサイズ。かばんの中の整理整頓に使いやすいサイズなので、何を入れるか迷うのも楽しいです。

糸は、たて糸にオーガニックコットンの双糸、よこ糸にオーガニックコットンのガラ紡糸をつかいました。

この組み合わせははじめて織ったのですが、サンプル織りのときからとてもよい仕上がりだったので、かなり期待しながら織りすすめました。

できあがってみて、やっぱりいい布になった!とひとりで大喜び。

機からおろして水通しをするとさらにやわらかく、糸の特徴もよくあらわれたので、さらに大喜び。 (この時点で誰かに言いたすぎてインスタグラムに漏らした!)

たいそうかわいらしい布になったので、仕立てたポーチもいとかわゆしです。

Lサイズのほうは紐を太めのみつあみにしました。シンプルだけどかわいい印象がプラスされていると思います。

ミニサイズのほうは、かざりのガラス玉の色を選べるようにしました。

クリーム色、こはく色、べっこうあめの色の3種です。

…これ書いていて気づいたのですが、「べっこう色」でよくないですか?

べっこうあめの色て!

オーガニックコットンのやさしい布。

オーガニックコットンの布ができあがりました。

やわらかくてとても気持ちの良い布です。

今回は「経継ぎ」という方法で糸を準備しました。

前回織ったのこり糸に新しい糸を結んでたて糸をセットする方法です。

この方法だと作業は少しだけ簡略化されますが、たくさんの糸を手作業で結んでいくのでこれはこれで大変な作業です。

西陣など織りの産地には、この作業専門のプロの方がいらっしゃると聞きます。きっと驚くような速さで結んでいくんでしょうね。。

わたしは、ぼちぼちと。

オーガニックコットンの糸をつかって織った布は、通常のコットンの布よりもしっとりもちもちな質感の布になります。

これがとても不思議なのですが、コットンに含まれている天然の油分のおかげなのだろうと思います。

オーガニックコットンの場合は糸の汚れや不純物を取る作業(精練)や糸を白くする作業(漂白)をせずに、生成りのまま扱われることが多いです。

なので、できあがる布の質感が独特なものになるのかな、と考えています。

あとは、手織りの力加減が関係してやわらかい布になるというところもあると思います。

できあがった布を水通ししました。よりいっそうやわらかくなって、素敵な布になりました。

これからポーチなど仕立てていこうと思っています。

定番品としての白い布。

【定番】 流行に左右されない基本的な商品。定番商品。
(小学館 デジタル大辞泉より抜粋)

最近は、白い布をつかった商品ばかりつくっています。
インスタグラムも白っぽい投稿ばかりで、みなさんに飽きられていたらどうしよう…とすこしハラハラしながら…(;’∀’)

白い布シリーズは、国内で織られた生地を厳選してつくる、シンプルな暮らしの道具たちです。

キッチンクロス、台ふきん、ふろしき、あづま袋、ハンカチ、コースターなど。
ラインナップは少しずつ増えています。

日常づかいのシンプルな小物をつくる。

それがわたしのコンセプトで、そのために必要な素材を探すし、必要があれば自分で布を織り草木で染めます。パーツの革や金属を加工することもあります。

うわべだけのシンプルさではなく、天然素材にこだわってつくること。なるべく捨てるところが出ないように無駄なくつくること。国内外に古くからある道具の良いところを取り入れてデザインすること。

みなさまに心地よくつかっていただけるよう、心をつくしています。

白い布のシリーズも、madokayuki の定番商品として変わらずに制作していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

写真はニューアイテムのハンカチです。国内製織のコットンリネンガーゼをつかって仕立てています。さりげなく刺しゅう入りでかわいい。https://madokayuki.theshop.jp/items/41402312

お気に入りになりますように。