藍染めの色落ちと色移りの実験

販売中の藍染めソックスをつかって実験をしました。

藍染めは色落ち・色移りがある、というのはよく聞く話なのですが、本当でしょうか。

じつはこれは、染め方や染める材料によって程度にかなり差があります。同じ藍染めでも一括りにできないのです。

今回はあくまでわたしの扱っている藍染め商品の色落ち・色移りについて。参考にしていただければと思います。

madokayukiの藍染め

わたしの制作では、藍染めのみ紺屋さんにお願いして染めてもらっています。

お願いしているのは、藍の染液を発酵させて染色する「本藍染め」という技法による染色です。
草木染めや柿渋染めとはちがって発酵の管理がありますので、プロにお願いしているというわけです。

※ 同じ藍染でも薬品をつかい発酵させずに染める方法もあります。

藍の色出し

藍染めの商品は、使用や保管にいくつか注意点があるので、商品説明に詳しく記載しています。

そのなかに、「色出し」という項目があります。

これは、藍染めの製品をはじめて使う前に、布についた余分な染料をおとすためのものです。

染めの仕上げにお酢をつかって色止めしてあります。購入してくださった方には、使用前の準備として色出しをお願いしています。

色出しの方法は、水かぬるま湯をボウルなどに溜め、商品を洗って陰干しする。これだけです。

今回の実験では、色出しによる色落ち、色出し後の製品から色移りする可能性 、染料がまじった水から色うつりする可能性、 について考えてみます。

藍染め製品は色落ちする?

色出しのために、藍染めソックスを水につけます。

しばらくすすぐと、ためた水が薄い水色になりました。

5分ほどすすぎましたが、水がこれ以上濃くなることはありませんでした。

色出しのさいは水が青くなりますが、これは繊維についた余分な染料が落ちるためです。その後のお洗濯で、これ以上色落ちがはげしくなることはありません。水が黄色くにごる場合はありますが、これは植物のアクで、天然の藍染め特有のものです。

(後日ソックスを湯洗いしましたが、水は青くならず、灰汁ですこし黄色くなるだけでした。)

インディゴ染めや薬品をつかう藍染では、色落ちが止まらないというトラブルもあると聞きますが、取り扱いの商品ではその心配はなさそうです。

色出し前は、ソックスに触った手や爪がうっすらと青くなりました。
衣類や床に色がうつる可能性もあるので、やはり色出しは必ずした方がよいです。

結果:洗うことによる急激な色落ちはない。

(ただし、徐々に色の変化はありますし、日光による退色もあります。まったく色が変わらないというわけではありません。)

服や靴への色移りが心配…

次に、色出しをしたソックスから他の衣類への色移りがあるかどうかを調べます。

実験では、もっとも色移りが起こりやすい環境をつくります。

色出しをした直後のソックスを、濡れた状態で、布に強くこすりつける

色出しはしましたが、若干は余分な染料がのこっているはず。そして、濡れた状態の方が色がうつりやすい。この状態で、白い布に20回ほど強くこする。どうなるでしょうか。

写真のように、白い布に青い色がうつっています。布を乾燥させると目立たなくなるものの、藍が布に付いたことは間違いありません。

これは、「白い布が青く染まっている」のではなく、「白い布に藍の成分が付着している」状態です。染まっているわけではないので、すぐに洗えばほぼ落とすことができます。

写真左:こすった布を乾かしたもの 写真中央:それを洗ったもの

実験はおおげさな状況をつくっておこなっています。じっさいのところはここまで色移りすることはないと思いますが、注意してもらうために商品説明にも「強い摩擦、濡れた状態はNG」と書かせていただいています。

(乾いた状態のソックスを同じように強くこすっても、色移りはほとんどありませんでした。)

結果:濡れたまま強くこすると色がうつる。すぐに洗えばほぼ落ちる。

(くつの内側や白物衣料に色が付くことは考えられますので、使い始めは注意が必要です。)

水から色が移ることはある?

藍染め製品を洗った水から色移りすることはあるのでしょうか。

もしあるとしたら、いっしょに洗濯できないので不便ですよね。試してみましょう。

実験では、「色出し」で青くなった水に、1分間布をつけ、そのまま乾かしました。

写真右:青い水につけて乾かした布

結果は、布は白いまま。洗濯機では大量の水をつかうので、色移りのリスクはもっと低いと思います。ただ、脱水などで濡れたまま摩擦が起こることによって色がうつる可能性はあるので、ネットを使用するとより安全です。

結果:水を介して色移りすることはない。(洗濯はネット使用)

まとめと藍の魅力

以上、取り扱いの藍染め製品の色落ち・色移りについてでした。

使用に難があるほどの問題はないと思うのですが、化学染料のものとくらべ、気遣いがいることに変わりはありません。

それでも、ほかでは得られない深い色合いは藍染めならではのものですし、製品になる過程がとてもナチュラルだというところも本藍染めの魅力だと思います。

注意点を知ったうえで、楽しく付き合っていただけたらと思います。

参考になりましたら幸いです。

本藍染め×オーガニックコットンのソックス
https://madokayuki.com/socks-2021/

オーガニックコットンのやさしい布。

オーガニックコットンの布ができあがりました。

やわらかくてとても気持ちの良い布です。

今回は「経継ぎ」という方法で糸を準備しました。

前回織ったのこり糸に新しい糸を結んでたて糸をセットする方法です。

この方法だと作業は少しだけ簡略化されますが、たくさんの糸を手作業で結んでいくのでこれはこれで大変な作業です。

西陣など織りの産地には、この作業専門のプロの方がいらっしゃると聞きます。きっと驚くような速さで結んでいくんでしょうね。。

わたしは、ぼちぼちと。

オーガニックコットンの糸をつかって織った布は、通常のコットンの布よりもしっとりもちもちな質感の布になります。

これがとても不思議なのですが、コットンに含まれている天然の油分のおかげなのだろうと思います。

オーガニックコットンの場合は糸の汚れや不純物を取る作業(精練)や糸を白くする作業(漂白)をせずに、生成りのまま扱われることが多いです。

なので、できあがる布の質感が独特なものになるのかな、と考えています。

あとは、手織りの力加減が関係してやわらかい布になるというところもあると思います。

できあがった布を水通ししました。よりいっそうやわらかくなって、素敵な布になりました。

これからポーチなど仕立てていこうと思っています。

定番品としての白い布。

【定番】 流行に左右されない基本的な商品。定番商品。
(小学館 デジタル大辞泉より抜粋)

最近は、白い布をつかった商品ばかりつくっています。
インスタグラムも白っぽい投稿ばかりで、みなさんに飽きられていたらどうしよう…とすこしハラハラしながら…(;’∀’)

白い布シリーズは、国内で織られた生地を厳選してつくる、シンプルな暮らしの道具たちです。

キッチンクロス、台ふきん、ふろしき、あづま袋、ハンカチ、コースターなど。
ラインナップは少しずつ増えています。

日常づかいのシンプルな小物をつくる。

それがわたしのコンセプトで、そのために必要な素材を探すし、必要があれば自分で布を織り草木で染めます。パーツの革や金属を加工することもあります。

うわべだけのシンプルさではなく、天然素材にこだわってつくること。なるべく捨てるところが出ないように無駄なくつくること。国内外に古くからある道具の良いところを取り入れてデザインすること。

みなさまに心地よくつかっていただけるよう、心をつくしています。

白い布のシリーズも、madokayuki の定番商品として変わらずに制作していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

写真はニューアイテムのハンカチです。国内製織のコットンリネンガーゼをつかって仕立てています。さりげなく刺しゅう入りでかわいい。https://madokayuki.theshop.jp/items/41402312

お気に入りになりますように。

ミシン糸は「カタン糸」

ミシン糸はコットンのものをつかうことが多いです。

白もの以外には「原綿」という無漂白生成りのミシン糸を使うことも。
(値段が高いの…涙)

ミシンワークにはポリエステルのスパン糸がつかわれることが主流なので、ちょっとめずらしいかもしれません。

スパン糸はコットンの糸よりも切れにくく、ミシンとの相性もよいといわれています。
わたしも場合によっては使いますが、どちらを採用するかはよく考えて決めています。

で、このコットン糸ですが、界隈では「カタン糸」という名で通っています。

最初聞いた時は「???」だったのですが…

考えてみればなるほど、「コットン」は英語のCOTTONのローマ字読みですが、発音は「カタン」のほうが近い気がする。

ためしに「カタン」と声に出してみる。あら、とたんにネイティブ感でる(笑)

カタン糸

できあがった作品をあとから染める場合には、かならずカタン糸を使います。
草木染ではポリエステルの糸は染まらないからです。布はきれいに染まっても糸だけ白く浮いちゃってチーン(‘_’)ってなりますのでダメです。

キッチンクロスやハンカチなど、布からミシン糸まですべて天然繊維の商品もありますので、アレルギーのある方もご相談くださいね。

ストールのデザイン

秋冬のストールを制作しています。
今年のラインナップはラムウールとヤクの毛をつかったもの。
なるべくシンプルに、ユニセックスで長くつかえるものを目指しています。

1点目はこちら。ラムウールのシンプルなストールです。

薄手でやわらかく、空気をふくんであたたかい。
ラムウールと手織りの特性がよくマッチした1点になりました。
とても軽いので、肩こりのある方にもおすすめです。

毛織物をつくるときには、仕上げに縮絨という作業をします。
これによって毛羽だった繊維が絡まり合い、よりふっくらとやわらかい織物になります。

縮絨のテスト中
ふわふわになります

よそよそしく並んだたてよこの織り目に一体感が…。加減が難しいですが、たのしい作業です。

わたしのつくるブランケットやストールにはフリンジがないものが多いです。切りっぱなしのデザインですっきり。やわらかく素朴な手織りウールの雰囲気とのバランスをとっています。

雰囲気づくりで参考にしているのはヨーロッパのおじさんたちのファッションです。
シンプルで最高にクール!

現在2本目のストールを制作中です。

「経継ぎ」という方法で次のたて糸を足します。たて糸を機にかける時間を短縮できる方法です。

が、

何百本もあるたて糸をひとつずつ手で結んでいく根気のいる作業。簡易法でも十分大変です…ぜんぶ結び終わるとすごい達成感!ミスもなくてよかった!(1本でも結び忘れると全部ズレちゃいますからね…)

経継ぎだけを専門にされているプロの方もいらっしゃいます。本職の方ならもっと早く美しく結べると思います。

だんだん布になってきました。藍染のチェック模様です。お楽しみに。

トートバッグと接着芯の話。

手織り布と牛ヌメ革のトートバッグをつくりました。
A4サイズでやや浅め、幅は広めです。肩にかけたときのバランスが重すぎないようデザインしています。

巷のハンドメイドの手織りトートバッグを見ると、かたちのしっかりしたものが多いような気がします。表地と裏地のあいだにバッグ用の硬い接着芯を入れることが多いからです。

接着芯を使うことで、かたちの保持、自立する、強度が増すなどいいことづくしですが、手織りの風合いは損なわれてしまいます。そのあたりの折り合いをどうするか?それぞれの作家さんの意匠によるのかな、と思います。

今回つくったトートバッグには麻糸とオーガニックコットンをつかっています。素材のやわらかさを活かしながら強度も補いたかったので、薄い芯地を入れました。

接着芯には樹脂のりや化学繊維が含まれるので、なるべく使用せずに制作しています。
ただ、今回のような大きな作品や補強が必要な部分などには必要に応じて使用しています。

なるべく自然素材を使いたいけれど、商品としての強度も必要…
葛藤はありますが、できあがった布の状態と相談して、ひとつひとつ丁寧に選択していきたいと思っています。日々アップデートですね。

ちいさなバッグは持ち手の縫い付け部分のみ接着芯を使用しています。

作品についての情報にはできるかぎりお答えしたいと思っています。
ご不明な点は気軽にたずねてくださいね。

メール narbekworks@gmail.com
インスタグラム @madokayuki

そんなこんなでできあがったトートバッグ。シンプルで大好きな作品。
narbekの定番商品がまたひとつ増えました。

(長々書いてしまうので割愛しますが)持ち手部分の革にもこだわっています。
国産タンニン鞣しのヌメ革を何度も磨き、時間をかけて仕上げています。

手にもった質感が大好き。 おおらかに布と革のエイジングを楽しんでもらえたらうれしいな。

仕様書とにらめっこしましたが、どうしても価格が高めになってしまいました。すみません。

ではでは今回はこのあたりでさようなら。

少ない持ち物で暮らすことと、包んでつかうポーチとの関係

持ち物はなるべく少ないほうがいいなぁと考えるようになったころから。

自分の作品も変化していきました。

つくるものに「シンプルさ」「柔軟さ」を求めるようになっていったと思います。ポーチもそのひとつです。

**********

スカートひとつとってもさまざまな種類があるのと同じように、ポーチにもさまざまな種類があります。形状、素材、あとはファスナーなのか巾着なのかがま口なのか…とか。

どれも長所があり使い分ければ便利なのですが、ものの形状にあわせて入れ物をそろえると、その分雑多になりがちです。

くわえてモノには「流行」があります。

流行を適度に取り入れることはわくわくと楽しいことなのですが、流行に振り回されて「自分の好きなもの」「大切にしていること」がわからなくなってしまうときがあります。

シーンに合わせて柔軟につかえる道具。
流行よりも心から満足できるひとつのものを。

そういったものづくりを心がけることで、つながってくださるみなさんのシンプルで豊かな生活に寄り添うことができるのでは、と考えています。

そんなことを考えて提案しているひとつのかたちがこちらの tsutsumu(ツツム)です。

小物入れとしてだけでなく、クラッチバッグとして、和装の数寄屋袋として、バッグインバッグとして。

いろいろなシーンにつかっていただけるようにデザインしています。

もうひとつはこちらの kurumu(クルム)です。

紐付きなので、もののかたちに合わせてくるんで使うことができます。


シーンに寄り添うもの。もののかたちに寄り添うもの。

これからもじっくりと形にできればと思います。