tsutsumu #tsugihagi

パッチワークのtsutsumuができました。
新作は模様のちがう3点です。

素材は倉敷で織られたコットンリネン。染めの材料には栗のいが、タイサンボクの果皮、桜の樹皮を使用しています。

タイサンボク

模様づくりはとってもたのしい作業です。
ポーチにしたときの模様の出方をイメージしながら、パズルのようにひとつひとつのピースをつなぎます。

世界にひとつだけ、というところもうれしいポイントだと思います。

ふたにはマグネットボタンがついています。
片手でさっと開閉できる点がとってもべんり。

クラッチバッグとしてはもちろん、バッグのなかの仕分けにもおすすめです。

文房具や本の持ち歩きにもいいですね。(写真は完売品)
https://madokayuki.theshop.jp/items/33045952

パッチワークの3点以外には、↑手織りの数寄屋袋が2点ございます。そのほかは完売しております。(2021.6.9現在)

流行りのないシンプルなカタチなので、長くお使いいただけます。
気になるものがあれば、ぜひショップのほうもご覧くださいね。

暑い日が続いております。梅雨はどこへいった??
手織りのキッチンクロス、藍染めの商品など準備をすすめております。
ゆっくりすぎること亀の如しですが、こつこつ&もくもく作業しています^^

おたのしみセット #for kitchen

おたのしみセットをつくりました。たのしかったぁ♪

画像をクリックすると商品ページにジャンプします

商品ページのほかに、ウェブショップ宣伝用の記事を書いたので貼っておきます。
これを見ればざっくり何が入っているか知ることができます^^

https://thebase.in/mag/madokayuki-theshop-jp/2021/03/04/114208

商品づくりの足掛かりはまず素材から。

地元岡山のよい布が手に入ったので、「この生地を活かす」を基本にして考えていきます。

なるべく装飾のないシンプルなもので、素材の風合いがよくわかるように。

素材の特徴がものとしての機能を助けるように。

そんなことを考えて→キッチン用のセットをつくることに決めました。

宣伝記事にも書いたように、「白は選ばない」とおっしゃる方も多いと思います。

わたしも今まではそうでした。だって汚れが目立つから…

クロス類に白をつかうって、すっごくハードル高くないですか?
しかもそのハードルを自分で設置するって… ただでさえ忙しいのに、いやぁ、むりむり。

…そう思いつつ、まずは何度も試作して自分で使いました。

結果は上々です。

折りたたんでちょっとしたマットがわりにも。

我が家ではキッチンクロス、台ふき、手拭きを白いシリーズで揃えました。

といっても別におしゃれなキッチンではないんですけど。(よくある昭和のキッチン…^^)

確かにお手入れは大変ですが、使い勝手はとてもよいです。

使い捨てのペーパーや古布なんかもうまく利用しつつ付き合っています。

あとは、キッチンの統一感とか清潔感とか、何より自分の生活をよくしていこう!という気合?が入るような気がします。押忍。

前よりもキッチンの景色を好きになれたなぁと感じています。

みなさまも、自分や誰か大切な人にエールを送るときに、使っていただけたらと思います。

それでは今日はこのへんで◎

tsugihagi

つぎはぎの小物をいろいろつくりました。

このシリーズはいつも作れるわけではなく、はぎれのストックがたまって、その色合わせがうまくいきそうだ!とひらめいたときのみ始動する…私の中ではゲリラ祭り?みたいな感じです。笑

今回は、生成りと栗染めの明るいブラウンと泰山木のグレー。

この組み合わせが絶妙すぎて、小物にしたらきっと素敵!とつくりたい欲が爆発した次第です。

つくるものによってパッチワークの組み合わせや縫い方などを変えています。バッグなどはミシンステッチで補強してあるので、ポーチとは雰囲気ががらりと変わっています。

ポーチは布をバイアス(ななめ)に使うので、接着芯を入れました。

それ以外は天然繊維のみで制作しています。

お気に入りがみつかりますように…

madokayuki tsugihagiシリーズhttps://madokayuki.theshop.jp/categories/3283981

つぎはぎウールのコースター

手織りウールのはぎれをつかってコースターをつくりました。試行錯誤の末、これはよい!と思える方法がみつかったので商品化しています。

ウールは多くの場合、縮絨(しゅくじゅう)という工程を経て製品になります。

縮絨とは、ウールの繊維同士を絡ませてフェルト化させる作業のことです。
縮絨によって適度にフェルト化された織物は、よりやわらかく、より丈夫な布になります。

手織りのウールをパッチワークし、フェルト化したコースター。ぜひ手に取っていただきたいです。

市販のフェルトシートをご存じの方も多いと思いますが、化繊が入ったものがほとんど。手織りで、しかもラムウールをつかったぜいたくなパッチワークフェルトはほかにないと思います。

この手触りを活かしたいので、よく手に触れるものをつくるのが最良だと思いました。

それで、まずはコースター。

見て、さわって、楽しんでいただきたいです。

ほかには何がいいだろう。

手織りパッチワークフェルト。手に触れる機会の多い小物…

ブランケット
ぬいぐるみ
針山
ポーチ
ティッシュケース
手帳カバー

うん。いいかもしれない。

泰山木のストール

泰山木の果皮をつかったショールです。

祖父母の庭の大きな大きな泰山木。大好きな庭の、思い出の木。
松ぼっくりのような果皮を煮出すと、ほうじ茶のような、紹興酒のような…
甘い香りが漂います。

媒染には鉄とアルミを使います。

このごろは錫や銅などの重金属の媒染剤は使用していません。

素敵な色を得たい、もっといろいろ試したい!と思う反面、何のために手で染めているんだろう?と自分の気持ちに立ち返ると、それらを使うことはポリシーに反するな…と思うようになったからです。

キッチンで染められるくらい身近で誰でもできる仕事。そこから離れていく必要はない。エコ、とまで言わなくても、自分のエゴで突き進むのはオシャレじゃないなぁ、と。

わたしの中のオシャレの定義は、ひとりよがりでないこと。流行を追わなくてもよいということ。本当に好きなものを纏えばよいということ。そんなかんじのことを漠然と思いつつ、日々制作をしているのであります。

来る日も来る日も染めたり干したりまた染めたり…

そうして取り出した色たち。ひとつの植物からこんなに多彩な色たち。カラフル…に見えます。わたしには。

今回作ったのはこの布たちのパッチワークストール。

ただただ、いっぱい色!すごい!好き!と楽しんで、惜しみなく布をツギハギしてつくりました。楽しかった。

60×140 幅広め、丈短めです。フリンジは付けませんでした。

巻もの、夏のブランケット、のれん、目隠し、などなど…いろいろなところで働く布になってほしいなぁと思いながら制作しました。

窓辺で使うとこんなかんじに。

光があたると継いだ部分の輪郭がはっきりして、ステンドグラスみたいできれい。
色褪せてボロボロになっても、かっこいい布になると思います。

とりあえずはこの1枚だけ販売します。もしかしたらあと1枚できるかも?

ウェブショップはこちらです。https://madokayuki.theshop.jp/items/32595382

どうぞよろしくお願いします。

パッチワークのポーチができました。

大切にツギハギした草木染の布をポーチに仕立てました。

きゅんきゅん。とっても素敵な仕上がりです。

kurumuポーチ

tsugihagiのポーチはこちらの2つだけの販売です。
次回はまたいつか、手染めの布ストックがたまったころにつくりたいと思います。


色あい、配色、風合い、違和感がないようていねいにつくりました。

バッグから取り出すのがうれしくなるような。そんなポーチです。
ぜひご覧になってくださいね。

販売ページはこちらです。

Sサイズ https://madokayuki.theshop.jp/items/30739184

Mサイズ https://madokayuki.theshop.jp/items/30739696

sold ありがとうございました。

さて、作業場では藍染糸を機にかけました。

藍色のポーチと、小さなバッグを制作予定です。

パッチワークしごと

コツコツと染めて、いつか使おうとためていた布をパッチワークしました。

せっかく色合いと模様が美しいので、四角い布のまま使いたいな~と思い…マルチマットにしてみました。


机、棚、靴箱など…さらりと置いて自由につかってもらえたらいいなーと、にやにや想像しながらつくりました。

こういったニュアンスのある色が出せるところは、草木染の醍醐味といえますね。

一色だと「少し地味かしら」と思う布も、ハギレを組み合わせていくと思いがけないモダンな布に変身したり。

とってもたのしい世界です。

【sold out】ありがとうございました。