藍染めの色落ちと色移りの実験

販売中の藍染めソックスをつかって実験をしました。

藍染めは色落ち・色移りがある、というのはよく聞く話なのですが、本当でしょうか。

じつはこれは、染め方や染める材料によって程度にかなり差があります。同じ藍染めでも一括りにできないのです。

今回はあくまでわたしの扱っている藍染め商品の色落ち・色移りについて。参考にしていただければと思います。

madokayukiの藍染め

わたしの制作では、藍染めのみ紺屋さんにお願いして染めてもらっています。

お願いしているのは、藍の染液を発酵させて染色する「本藍染め」という技法による染色です。
草木染めや柿渋染めとはちがって発酵の管理がありますので、プロにお願いしているというわけです。

※ 同じ藍染でも薬品をつかい発酵させずに染める方法もあります。

藍の色出し

藍染めの商品は、使用や保管にいくつか注意点があるので、商品説明に詳しく記載しています。

そのなかに、「色出し」という項目があります。

これは、藍染めの製品をはじめて使う前に、布についた余分な染料をおとすためのものです。

染めの仕上げにお酢をつかって色止めしてあります。購入してくださった方には、使用前の準備として色出しをお願いしています。

色出しの方法は、水かぬるま湯をボウルなどに溜め、商品を洗って陰干しする。これだけです。

今回の実験では、色出しによる色落ち、色出し後の製品から色移りする可能性 、染料がまじった水から色うつりする可能性、 について考えてみます。

藍染め製品は色落ちする?

色出しのために、藍染めソックスを水につけます。

しばらくすすぐと、ためた水が薄い水色になりました。

5分ほどすすぎましたが、水がこれ以上濃くなることはありませんでした。

色出しのさいは水が青くなりますが、これは繊維についた余分な染料が落ちるためです。その後のお洗濯で、これ以上色落ちがはげしくなることはありません。水が黄色くにごる場合はありますが、これは植物のアクで、天然の藍染め特有のものです。

(後日ソックスを湯洗いしましたが、水は青くならず、灰汁ですこし黄色くなるだけでした。)

インディゴ染めや薬品をつかう藍染では、色落ちが止まらないというトラブルもあると聞きますが、取り扱いの商品ではその心配はなさそうです。

色出し前は、ソックスに触った手や爪がうっすらと青くなりました。
衣類や床に色がうつる可能性もあるので、やはり色出しは必ずした方がよいです。

結果:洗うことによる急激な色落ちはない。

(ただし、徐々に色の変化はありますし、日光による退色もあります。まったく色が変わらないというわけではありません。)

服や靴への色移りが心配…

次に、色出しをしたソックスから他の衣類への色移りがあるかどうかを調べます。

実験では、もっとも色移りが起こりやすい環境をつくります。

色出しをした直後のソックスを、濡れた状態で、布に強くこすりつける

色出しはしましたが、若干は余分な染料がのこっているはず。そして、濡れた状態の方が色がうつりやすい。この状態で、白い布に20回ほど強くこする。どうなるでしょうか。

写真のように、白い布に青い色がうつっています。布を乾燥させると目立たなくなるものの、藍が布に付いたことは間違いありません。

これは、「白い布が青く染まっている」のではなく、「白い布に藍の成分が付着している」状態です。染まっているわけではないので、すぐに洗えばほぼ落とすことができます。

写真左:こすった布を乾かしたもの 写真中央:それを洗ったもの

実験はおおげさな状況をつくっておこなっています。じっさいのところはここまで色移りすることはないと思いますが、注意してもらうために商品説明にも「強い摩擦、濡れた状態はNG」と書かせていただいています。

(乾いた状態のソックスを同じように強くこすっても、色移りはほとんどありませんでした。)

結果:濡れたまま強くこすると色がうつる。すぐに洗えばほぼ落ちる。

(くつの内側や白物衣料に色が付くことは考えられますので、使い始めは注意が必要です。)

水から色が移ることはある?

藍染め製品を洗った水から色移りすることはあるのでしょうか。

もしあるとしたら、いっしょに洗濯できないので不便ですよね。試してみましょう。

実験では、「色出し」で青くなった水に、1分間布をつけ、そのまま乾かしました。

写真右:青い水につけて乾かした布

結果は、布は白いまま。洗濯機では大量の水をつかうので、色移りのリスクはもっと低いと思います。ただ、脱水などで濡れたまま摩擦が起こることによって色がうつる可能性はあるので、ネットを使用するとより安全です。

結果:水を介して色移りすることはない。(洗濯はネット使用)

まとめと藍の魅力

以上、取り扱いの藍染め製品の色落ち・色移りについてでした。

使用に難があるほどの問題はないと思うのですが、化学染料のものとくらべ、気遣いがいることに変わりはありません。

それでも、ほかでは得られない深い色合いは藍染めならではのものですし、製品になる過程がとてもナチュラルだというところも本藍染めの魅力だと思います。

注意点を知ったうえで、楽しく付き合っていただけたらと思います。

参考になりましたら幸いです。

本藍染め×オーガニックコットンのソックス
https://madokayuki.com/socks-2021/

tsutsumu #tsugihagi

パッチワークのtsutsumuができました。
新作は模様のちがう3点です。

素材は倉敷で織られたコットンリネン。染めの材料には栗のいが、タイサンボクの果皮、桜の樹皮を使用しています。

タイサンボク

模様づくりはとってもたのしい作業です。
ポーチにしたときの模様の出方をイメージしながら、パズルのようにひとつひとつのピースをつなぎます。

世界にひとつだけ、というところもうれしいポイントだと思います。

ふたにはマグネットボタンがついています。
片手でさっと開閉できる点がとってもべんり。

クラッチバッグとしてはもちろん、バッグのなかの仕分けにもおすすめです。

文房具や本の持ち歩きにもいいですね。(写真は完売品)
https://madokayuki.theshop.jp/items/33045952

パッチワークの3点以外には、↑手織りの数寄屋袋が2点ございます。そのほかは完売しております。(2021.6.9現在)

流行りのないシンプルなカタチなので、長くお使いいただけます。
気になるものがあれば、ぜひショップのほうもご覧くださいね。

暑い日が続いております。梅雨はどこへいった??
手織りのキッチンクロス、藍染めの商品など準備をすすめております。
ゆっくりすぎること亀の如しですが、こつこつ&もくもく作業しています^^

偏愛―あづま袋

定番のあづま袋をざくろの果皮で染めました。

お抹茶の色みたいな渋めのグリーン。
光のかげんによっては、苔の色みたいにも見えるし、黄緑色に見えるときもある。写真に撮るのもムズカシイ。

こちらのからし色のストールもざくろで染めました。

ざくろの果皮は、オレンジよりの元気な赤色です。
でも、染める布は赤色にはならない。

多くの場合イエロー系に染まり、鉄で媒染すると、反応してグリーン系になります。不思議だなぁ。

小さいのも大きいのもかわいい^^
黒系の服装に合わせてもいいし、ワンピースや着物にもいいですね。

染めるときには、薬品をつかわずに作るよう心がけています。
おもしろいことに、草木染めといっても、薬品を多用する方法もあるんですよね。きれいに染めるための助剤がたくさん売られています。
そういったものは今後もなるべく使用せずにいたいです。

SとM、のこり1つずつあります。白もいいけど、こちらも雰囲気ある~。

白い国産生地でつくったクロスたち、
草木染めのショール、ソックスなど…いろいろ置いています。

藍染めの商品も続々出ています!

ぜひ、ショップページものぞいてくださいね♪

https://madokayuki.theshop.jp/

季節のソックスいろいろ。2021春夏

定番品のオーガニックコットンソックス。そのときどきの植物をチョイスして染めています。

2020年は、栗染めの明るいブラウンと、茜染めのあか色を販売しました。https://madokayuki.com/socks/

今回は、ザクロ染めのからし色と藍染め2色をご用意しました。ソックスの長さは、これからの季節に使いやすいショート丈もあります。

ざくろ染めの色は、白いワンピースやデニムに合いそう。藍染は、コンバースやブーツに合わせてみたい。藍染の濃色のほうは、革のサンダルなんてどうだろう。うん、どれもいい色。

染めものには、料理につかうのと同じような材料をつかっています。大豆やミョウバン、灰、鉄など。

藍染めは、紺屋さんにお願いして染めてもらっています。こちらも化学薬品は不使用で、天然原料のみで染めてくださっています。

藍染めは色落ちが気になるところですが、こちらは本藍染めの商品ですので、インディゴ染めなどと比べて色落ちは少ないです。最初にぬるま湯につけて「色だし」をすれば、そこまで気にならず使えます。しかも、藍染めは使うほどに色が冴えてくると言われます。長く付き合うのが楽しいひとしなです。

どのソックスも、オーガニックコットンの落ちわたをつかった糸をつかって編まれています。ナチュラルソックス、ぜひお試しくださいませ。

online shop http://madokayuki.theshop.jp