藍染めの色落ちと色移りの実験

販売中の藍染めソックスをつかって実験をしました。

藍染めは色落ち・色移りがある、というのはよく聞く話なのですが、本当でしょうか。

じつはこれは、染め方や染める材料によって程度にかなり差があります。同じ藍染めでも一括りにできないのです。

今回はあくまでわたしの扱っている藍染め商品の色落ち・色移りについて。参考にしていただければと思います。

madokayukiの藍染め

わたしの制作では、藍染めのみ紺屋さんにお願いして染めてもらっています。

お願いしているのは、藍の染液を発酵させて染色する「本藍染め」という技法による染色です。
草木染めや柿渋染めとはちがって発酵の管理がありますので、プロにお願いしているというわけです。

※ 同じ藍染でも薬品をつかい発酵させずに染める方法もあります。

藍の色出し

藍染めの商品は、使用や保管にいくつか注意点があるので、商品説明に詳しく記載しています。

そのなかに、「色出し」という項目があります。

これは、藍染めの製品をはじめて使う前に、布についた余分な染料をおとすためのものです。

染めの仕上げにお酢をつかって色止めしてあります。購入してくださった方には、使用前の準備として色出しをお願いしています。

色出しの方法は、水かぬるま湯をボウルなどに溜め、商品を洗って陰干しする。これだけです。

今回の実験では、色出しによる色落ち、色出し後の製品から色移りする可能性 、染料がまじった水から色うつりする可能性、 について考えてみます。

藍染め製品は色落ちする?

色出しのために、藍染めソックスを水につけます。

しばらくすすぐと、ためた水が薄い水色になりました。

5分ほどすすぎましたが、水がこれ以上濃くなることはありませんでした。

色出しのさいは水が青くなりますが、これは繊維についた余分な染料が落ちるためです。その後のお洗濯で、これ以上色落ちがはげしくなることはありません。水が黄色くにごる場合はありますが、これは植物のアクで、天然の藍染め特有のものです。

(後日ソックスを湯洗いしましたが、水は青くならず、灰汁ですこし黄色くなるだけでした。)

インディゴ染めや薬品をつかう藍染では、色落ちが止まらないというトラブルもあると聞きますが、取り扱いの商品ではその心配はなさそうです。

色出し前は、ソックスに触った手や爪がうっすらと青くなりました。
衣類や床に色がうつる可能性もあるので、やはり色出しは必ずした方がよいです。

結果:洗うことによる急激な色落ちはない。

(ただし、徐々に色の変化はありますし、日光による退色もあります。まったく色が変わらないというわけではありません。)

服や靴への色移りが心配…

次に、色出しをしたソックスから他の衣類への色移りがあるかどうかを調べます。

実験では、もっとも色移りが起こりやすい環境をつくります。

色出しをした直後のソックスを、濡れた状態で、布に強くこすりつける

色出しはしましたが、若干は余分な染料がのこっているはず。そして、濡れた状態の方が色がうつりやすい。この状態で、白い布に20回ほど強くこする。どうなるでしょうか。

写真のように、白い布に青い色がうつっています。布を乾燥させると目立たなくなるものの、藍が布に付いたことは間違いありません。

これは、「白い布が青く染まっている」のではなく、「白い布に藍の成分が付着している」状態です。染まっているわけではないので、すぐに洗えばほぼ落とすことができます。

写真左:こすった布を乾かしたもの 写真中央:それを洗ったもの

実験はおおげさな状況をつくっておこなっています。じっさいのところはここまで色移りすることはないと思いますが、注意してもらうために商品説明にも「強い摩擦、濡れた状態はNG」と書かせていただいています。

(乾いた状態のソックスを同じように強くこすっても、色移りはほとんどありませんでした。)

結果:濡れたまま強くこすると色がうつる。すぐに洗えばほぼ落ちる。

(くつの内側や白物衣料に色が付くことは考えられますので、使い始めは注意が必要です。)

水から色が移ることはある?

藍染め製品を洗った水から色移りすることはあるのでしょうか。

もしあるとしたら、いっしょに洗濯できないので不便ですよね。試してみましょう。

実験では、「色出し」で青くなった水に、1分間布をつけ、そのまま乾かしました。

写真右:青い水につけて乾かした布

結果は、布は白いまま。洗濯機では大量の水をつかうので、色移りのリスクはもっと低いと思います。ただ、脱水などで濡れたまま摩擦が起こることによって色がうつる可能性はあるので、ネットを使用するとより安全です。

結果:水を介して色移りすることはない。(洗濯はネット使用)

まとめと藍の魅力

以上、取り扱いの藍染め製品の色落ち・色移りについてでした。

使用に難があるほどの問題はないと思うのですが、化学染料のものとくらべ、気遣いがいることに変わりはありません。

それでも、ほかでは得られない深い色合いは藍染めならではのものですし、製品になる過程がとてもナチュラルだというところも本藍染めの魅力だと思います。

注意点を知ったうえで、楽しく付き合っていただけたらと思います。

参考になりましたら幸いです。

本藍染め×オーガニックコットンのソックス
https://madokayuki.com/socks-2021/

投稿者:

madokayuki

つくり手 ユウキマドカのブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です