オーガニックコットンのやさしい布。

オーガニックコットンの布ができあがりました。

やわらかくてとても気持ちの良い布です。

今回は「経継ぎ」という方法で糸を準備しました。

前回織ったのこり糸に新しい糸を結んでたて糸をセットする方法です。

この方法だと作業は少しだけ簡略化されますが、たくさんの糸を手作業で結んでいくのでこれはこれで大変な作業です。

西陣など織りの産地には、この作業専門のプロの方がいらっしゃると聞きます。きっと驚くような速さで結んでいくんでしょうね。。

わたしは、ぼちぼちと。

オーガニックコットンの糸をつかって織った布は、通常のコットンの布よりもしっとりもちもちな質感の布になります。

これがとても不思議なのですが、コットンに含まれている天然の油分のおかげなのだろうと思います。

オーガニックコットンの場合は糸の汚れや不純物を取る作業(精練)や糸を白くする作業(漂白)をせずに、生成りのまま扱われることが多いです。

なので、できあがる布の質感が独特なものになるのかな、と考えています。

あとは、手織りの力加減が関係してやわらかい布になるというところもあると思います。

できあがった布を水通ししました。よりいっそうやわらかくなって、素敵な布になりました。

これからポーチなど仕立てていこうと思っています。

投稿者:

madokayuki

つくり手 ユウキマドカのブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です