リネンの巾着袋

手織りの巾着袋をつくりました。

白いリネンの子と、草木染で模様を織った子。

革紐でしぼってつかいます。

袋ものの形状ってさまざまありますよね。 

巾着袋のようなひもで絞るもの、
チャックがついているもの、
がま口、ばね口、ボタン…

あと、わたしがつくっている定番商品に、封筒型のポーチがあります。

布を織り紙のように折って仕立てる仕組みのものです。

日本のふくさ、数寄屋袋(和装小物)、東南アジアの小物入れに見られるかたちです。

いろんなかたちがあって、いろんな素材があって、いろんな用途がある。
それがとってもおもしろいです。

このリネンのポーチのいいところは、とにかくシンプルで手になじむところ。
所有欲を満たすような高級感?はないかもしれないけれど、
相棒としていつも持ち歩けるような、そんな存在。

ベーシックなカタチで、シンプルなデザインのもの。

こういうものをつくっているときに一番「自分がつくる意味」を感じることができています。ありがたや。

ショップはこちら。https://madokayuki.theshop.jp/

sacoche

サコッシュをつくりました。
サコッシュ( Sacoche )とは、フランス語で「袋」を意味する、かんたんなつくりのショルダーバッグのことです。

ロードレースの水分補給袋として使われているものが主でしたが、ここ数年でファッションアイテムとしても取り入れられるようになりました。カジュアルなファッションや山アイテムとしても人気です。

スポーツアイテムだったこともあり、ナイロン製のものをよく見かけますが、手織りでもつくってみたいなぁと思い仕立ててみました。

気軽な雰囲気はそのままに、ちょっと大人な雰囲気のショルダーバッグです。

財布とスマホ、ハンカチティッシュ、家の鍵。

このくらいは入りますので、ふだんの外出であればこれひとつでもOK。
革ひもを調節したり、二重にしてハンドバッグにしたりとアレンジもできます。

サブバッグとして貴重品を入れておくのも便利そうです。

草木染の麻糸を4色つかって織りあげたお気に入りの生地です。

*sold out ありがとうございました。

少ない持ち物で暮らすことと、包んでつかうポーチとの関係

持ち物はなるべく少ないほうがいいなぁと考えるようになったころから。

自分の作品も変化していきました。

つくるものに「シンプルさ」「柔軟さ」を求めるようになっていったと思います。ポーチもそのひとつです。

**********

スカートひとつとってもさまざまな種類があるのと同じように、ポーチにもさまざまな種類があります。形状、素材、あとはファスナーなのか巾着なのかがま口なのか…とか。

どれも長所があり使い分ければ便利なのですが、ものの形状にあわせて入れ物をそろえると、その分雑多になりがちです。

くわえてモノには「流行」があります。

流行を適度に取り入れることはわくわくと楽しいことなのですが、流行に振り回されて「自分の好きなもの」「大切にしていること」がわからなくなってしまうときがあります。

シーンに合わせて柔軟につかえる道具。
流行よりも心から満足できるひとつのものを。

そういったものづくりを心がけることで、つながってくださるみなさんのシンプルで豊かな生活に寄り添うことができるのでは、と考えています。

そんなことを考えて提案しているひとつのかたちがこちらの tsutsumu(ツツム)です。

小物入れとしてだけでなく、クラッチバッグとして、和装の数寄屋袋として、バッグインバッグとして。

いろいろなシーンにつかっていただけるようにデザインしています。

もうひとつはこちらの kurumu(クルム)です。

紐付きなので、もののかたちに合わせてくるんで使うことができます。


シーンに寄り添うもの。もののかたちに寄り添うもの。

これからもじっくりと形にできればと思います。

tsutsumu

つつんでつかうポーチをつくりました。その名もtsutsumu(つつむ)

くるんでつかうポーチはkurumu(くるむ)なので姉妹みたいなかんじ…と思って安易に、いや、考えて名付けました。

tsutsumu
kurumu

tsutsumuはマグネットボタンで開閉できるようにしました。kurumuのようにもののかたちにあわせてぴったりくるむことはできませんが、その分幅広い用途に対応できるようにしています。

手織りの布に少しハリのある芯地をあてているので、生地はすこししっかりめ。

バッグインバッグやポーチとしてだけでなく、クラッチバッグや数寄屋袋としても利用できるようにしています。

つつむポーチ

手縫いの部分も多く、少々手間はかかるのですが、素敵に仕上がって満足です。
模様もいいかんじに出てますね。

【sold out 】 ありがとうございました。

藍染のティーマット

藍染の麻糸をつかって手織りしたマットです。

麻というと「リネン」がメジャーどころですが、この糸は麻のなかでも「ラミー」という種類です。

麻だし藍染だし手織りだし…なんとなく古風なイメージ。でも、すこしモダンなものをつくりたい。

古くからあるイイものを受け継ぎつつ、でも古くさくはならないようにしたいなぁと思いながら織っています。

で、こちらのブロックチェックのマット。

和菓子もカフェオレも似合いそう。 さらりと敷いてつかってもらえたらいいな。

パッチワークしごと

コツコツと染めて、いつか使おうとためていた布をパッチワークしました。

せっかく色合いと模様が美しいので、四角い布のまま使いたいな~と思い…マルチマットにしてみました。


机、棚、靴箱など…さらりと置いて自由につかってもらえたらいいなーと、にやにや想像しながらつくりました。

こういったニュアンスのある色が出せるところは、草木染の醍醐味といえますね。

一色だと「少し地味かしら」と思う布も、ハギレを組み合わせていくと思いがけないモダンな布に変身したり。

とってもたのしい世界です。

【sold out】ありがとうございました。

やっぱりリネンのハンカチが好き。

リネンのシンプルなハンカチを織りました。

無地とチェックです。

リネンの生地感はやっぱり特別です。

織るときは作業しやすいよう糊をつけますが、できあがってのりを落としてアイロンをかけると、たわんたわんのとろんとろん。

薄い生地ですが、吸水性がよくすぐ乾く点も魅力です。

タグやロゴはいれておりません。わたしの作品だけれども、つくったあとはつかってくださるかたのもの。

性別、年齢かかわらず、どなたにも似合うハンカチです。気に入ってくださる方に出会えますように。

*藍染 soldout ありがとうございました。

生成りは在庫がございます。http://madokayuki.theshop.jp/items/28246182

kurumu #5

今回つくったのはオフホワイトのポーチ。シンプルでやわらかい雰囲気。いいかんじにできました。

メインにガラ紡糸(がらぼういと)という綿糸をつかっています。

ガラ紡とは、明治時代に日本で開発された紡績マシンのこと。今主流になっている紡績機とくらべると、手紡ぎにちかい雰囲気の糸をつくることができます。

ボコボコしていて撚りも甘め。そのおかげで、やさしい雰囲気のポーチに仕上がりました。

今回は糸を染めずに、綿そのものの色で織っています。シンプルで使いやすいデザインになりました。

ショップへはこちらからどうぞ。

https://madokayuki.theshop.jp/

kurumu #4 梅染め

梅染めポーチの大きいサイズをつくりました。

春だしピンク色のものがつくりたくて。

ふだんのファッションはモノトーンが多いのですが、小物はすこしかわいらしいものに惹かれます。バッグにかわいいものを忍ばせると気分があがりますよね。

そんなわけでこちらのポーチ。

同じ梅染の#3にくらべて大きく、幅は14.5cm。kurumuの定番のサイズです。

このサイズは、パスポートや通帳などを何冊かまとめて保管するときに便利です。

わたしは普段、通帳入れとしてバッグに入れてつかっています。
それ以外にも、誰かにお金を渡すとき、ポチ袋をくるんで使うことも多いです。ハダカのままバッグから出すのもなんだかなぁ、と思っていたので重宝しています。ポーチや巾着よりもふくさに近い形状だから、少しきちんとして見えるしね。

あとは、ポケットの少ないバッグの時に、ちらばる小物をくるんでおいたり、薬をまとめたり、ほんとうにいろいろです。出番のないときはちいさくたたんでスタンバイ。そんなわけで、ぜひ生活スタイルに合わせてつかってみてくださいね。

梅染めのkurumu

梅染のポーチをつくりました。共布のポンポンがかわいい!

こちらの商品には、梅染の糸を使用しています。
春先に採った樹皮で染めると、こんなふうに落ち着いたピンクになります。
季節の色をつかって作品をつくれるなんて贅沢だなぁと思います。

miniサイズをためしにつくってみました。
裁縫道具や常備薬を持ち歩くなら、このサイズがちょうどいいんじゃないでしょうか。
幅が10cm、くるんだときの最大の長さが7cmです。

よろしければこちらのショップも見ていってくださいね。

*sold ありがとうございました。

https://madokayuki.theshop.jp/

藍染めのkurumu

巻いてつつむポーチ【kurumu】の2作目です。

以前はファスナー付きポーチなどもつくっていたのですが、
形が限定されているポーチは用途も限られてしまうし、どんどん所有する数が増えてしまうことが気になっていたんですよね・・・


ポーチをたくさん持つよりも、そのとき、そのものに合わせて変化するポーチがひとつあるほうが豊かなのではないか?それが今のところの結論です。


封筒型のシンプルな小物入れです。
少数民族のポーチ、日本のふろしきやふくさからアイデアを得ています。
柔軟にかたちを変えてくるめば、いつもぴったりサイズでつかうことができます。

2作目のこちらは、ラミーという麻の糸をつかって手織りしています。変化のある藍色のパターンが美しく気に入っています。

幅は約12.5cm。こんなふうに小さくくるむこともできます。

お買い物はこちらからどうぞ。

*sold ありがとうございました。

ポーチ類の新作はこちらからご覧くださいませ。

藍あじろのkurumu

巻いてつつむポーチ【kurumu】の第一号が出来上がりました。

かたちを変えながらいろいろな用途につかえる小物入れをつくりたいと考え、試行錯誤することウン年・・・。やっと納得のいくものがつくれてうれしいです。

布だけでできているからやさしく包めます。

kurumuは、 少数民族のポーチ、日本のふろしきやふくさからアイデアを得てつくっています。
柔軟にかたちを変えてくるめば、いつもぴったりサイズでつかうことができるところが魅力です。これがあれば、たくさんのポーチ(やモノ)をもたなくても、いろいろな用途を補ってつかうことができます。

こちらのMサイズは、横幅が約15cm。
通帳やパスポートの保管に丁度よいサイズです。
そのほかにも、裁縫道具や文房具をまとめたり、バッグの中でちらばる小物の収納などにべんりです。

藍染の手織りの布をつかい、一点ずつ手作業で仕上げています。
あなたの生活にあわせて、ぴったりくるんでつかってくださいね。

ショップへはこちらからどうぞ。

【sold out】ありがとうございました。

ポーチ類の新作はこちらからご覧くださいませ。