藍染めポーチの織り~仕立て。

藍色の布を織って、定番のポーチ「kurumu」をつくりました。

2種類の藍染め手織りポーチ

《前回の記事》
経糸(たていと)を準備しました。

できあがった布はこちら。

絣のように入った模様(麻糸の節)が美しいです。

奥に映っている色の濃い布は、緯糸をオーガニックコットンに変えて織っています。

藍染めの麻紐

紐や金具も手作業でつくります。

同じように作っても、糸の濃淡や凹凸など、ひとつひとつちがいます。

気に入ってもらえるといいなぁと思いながら、せっせと作業です。

三徳袋と大きさくらべ

大きさを比較してみました。

名刺、万年筆、モレスキンのノート。

kurumuはやわらかいポーチなので、筒状のものを巻いてつかっても◎
かたちが変わると印象も変わってこれもまたかっこいいです。

藍染めの裏地

こちらのポーチは、裏地にも藍染め生地を使いました。

旧バージョンよりもシックな雰囲気です。

今回は、オンラインショップにてご予約を受け付けて、受注生産で販売させていただきました。好評いただきありがとうございました!

次回の一般販売は2021年9月以降を予定しております。

数は少ないのですが、予約なしで販売します。
もしよろしければ、次の機会もよろしくお願いいたします^^

追記 再販はじまっています♪

madokayuki オンラインショップはこちら。


新作のお知らせは、Instagramの投稿でお知らせしています。
instagram @madokayuki

あとは、オンラインショップのアプリ版をフォローしていただくと、
新作のアップと同時にスマホに通知が入ります!!

便利なのでぜひご利用ください~

〈方法〉
① スマホで「BASEアプリ」をダウンロード
②「madokayuki」をフォロー

8月後半。

オーガニックコットンの布を織っています。

できあがりましたら、また紹介させてくださいね^^

投稿者:

madokayuki

つくり手 ユウキマドカのブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です