ヤクとラムウール交織のストール

みなさまこんにちは。

1月に入り、ストールのラインナップが充実してきたので紹介します!

まずは前回のブログ「今年もヤクのストールを織っています」で取り上げたチェック柄。
昨年と同じで無染色のヤクウールをつかってシンプルな柄に仕上げています。
大人のシックなチェック柄でとてもかっこいいです。

新しく織りあがったのはこちらの無地のストールです。
右は一色、左は二色のヤクウールをつかって織りました。こちらも3年続けてつくっている定番品です。

ヤクストール(私物)と、新作の藍染めステッチバッグ

藍染めのショルダーバッグと合わせてみたところ。
写真のストールは私物の「ダークブラウン」の方のストールです。

使い始めよりもやわらかくしなやかになって、風合いが増しています。
毎日のように使っていますが、毛玉はまったくありません。丈夫で扱いやすいストールです。

ヤク100%のストールは、以上の3種類です。
いまのところ全種類ショップに並んでいますので、よろしければご覧ください。

madokayuki オンラインショップ

そしてタイトルにあるヤクとラムウールの交織ストールは今回の新作です。

ヤクとラムウールのストール(写真は糸処理前です)

経糸にヤク、緯糸にラムウール。たてよこに糸の種類を変えて織っています。

ヤク糸は無染色ですが、ラムウール糸は草木染めの糸を2色、市販の染料染めの糸を1色使用しています。ほんのりと色づいた控えめなチェックが好印象なストールになっていると思います。

ヤク100%のストールよりも縮れが少なく、気持ち柔らかい仕上がりです。ヤク100%はかっこいいめの仕上がりに比べると、少しやさしい印象だと思います。

無地のコートにさらっと合わせると素敵だと思います。
淡い色合いなので春、秋にも使いやすいです。

柄物の布を織るときには、経年変化を意識したものづくりを心がけています。

たとえばこのストールでは、草木染め・無染色・化学染めの糸を組み合わせることで、時が経って色合いが変化したとしても美しい姿であるよう計画しています。

草木染めの糸は日光に弱く、退色が起こることがありますが、無染色の糸や染料染めの糸と組み合わせておくことで、変化をおそれず安心して使用することができます。

色の濃い柄を計画するときには、草木染め糸だけを使用することもありますし、そのときどきの制作によって、先のことを意識してつくるということは共通しています。
けっして安い値段ではありませんので、手にとってくださった方には少しでも長く使っていただきたいと思っています。

柔らかさが伝わるでしょうか

ヤクとラムウールのストールは無地のものをもう一枚作っています。

近々オンラインショップに並べますので、ぜひご覧くださいませ。

みなさま、2022年には特別のご愛顧をいただきありがとうございました。
2023年も、ゆっくりではありますがみなさまの生活に寄り添うアイテムを作っていけたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

年末の「おたのしみセット」など、こちらのブログでは告知が間に合わないものもあり
大変失礼いたしました。持病のため体調にゆらぎがあり、くやしいですがなかなか完璧にできません。申し訳ないのですが、新作についてはショップの告知やSNSの投稿で確認していただけるとありがたいです。

ではでは、次回またお会いいたします^^

投稿者:

madokayuki

つくり手 ユウキマドカのブログです。