あったらいいな、なポーチ

ポケットティッシュケース付きの小さなポーチをつくりました。
手のひらサイズでころんとしていて、とてもかわいいです。

こちらの商品は、お客様の「あったらいいな」の声から生まれたもの。

手織りの生地をつかったシンプルなデザインで、ふたはマグネットボタンになっています。
ティッシュとリップクリームなどの小物をまとめられて、片手で開閉できるところがべんりです。

ちょっとしたお出かけでしたら、このポーチとハンカチ、財布とスマホと鍵。このくらいの荷物で身軽にでかけたいです。

手織りのオーガニックコットンのほどよい厚みとボリューム、手触りも
この商品にぴったり合っています。ぬいぐるみみたいで癒される…

布の量と縫製の関係で少し高価なのですが…日常づかいのアイテムとしてぜひ使っていただけたらと思います◎

https://madokayuki.theshop.jp/items/42874505

それにしても、商品のリクエストをいただけるのってとてもありがたいですねぇ。

気軽に相談できるわ~て思ってもらえる人でいたい。ネット上でのやりとりではありますが、そのくらいの距離感でいたいです。

あ、でも、できないものには結構はっきりゴメンナサイ!って言うてます。

染めたり織ったり縫ったり、生き物を相手にしているような感覚なので、
過去の商品とまったく同じものを作ることはむずかしいです。
「でもこんなのならできますよ~」とか、都度相談させてもらうようにしています。

良いものをつくるために、話がしたいです。
え、めんどくさい?
そう言わずに、何かあればご相談くださいね。

オーガニックコットンのマルチクロス

シンプルなものがすき。

長く使えるものを選びたい。

たくさんでなくていいから、お気に入りの道具を少しだけ持つくらしがいい。

そんなふうに日々思っていて、自分のつくるものもそうでありたいと願いつつ制作しています。

シンプルなものというのは、必ずしも見た目だけの話ではなく、

そのものの背景や素材も、ヘルシーなもののことではないかなぁと思うのです。

さてさて、今日は日々の制作のなかからひとつだけ商品を紹介させてください。


オーガニックコットン糸を手織りした布です。

包む・かける・敷く など多様に使える布。

みどり色のボーダー部分は「緑綿」というコットンのそのものの色です。

(はしのラインのみ草木染シルク糸をつかっています)

無地の部分もコットンの生成り色ですので、自然な色味だけど遊び心も取り入れた、世界にひとつだけの布。

シンプルだけれども無機質ではない。

そんな、手仕事のよさを感じられる商品をお届けしていきたいと思っております。

旅行のパジャマセットを包む

竹カゴの上にさっと掛けておく

テーブルに敷く

etc…

使い道を考えるのも楽しいひとときです。

https://madokayuki.theshop.jp/items/42820831

pocket tissues case

オーガニックコットンのポケットティッシュケースができました。

この布ができあがったときに、せっかくやわらかくて素敵な布なのでよく手にふれるものを作るのがいいなぁと思い、ティッシュケースを制作することに。

デザインはいろいろ試作した結果、シンプルベーシックなかたちに落ち着きました。

布の「みみ」の部分を活かしてつくったので、手織りっぽさがあってかわいいです。がら紡の糸のふぞろい加減もよくあらわれていて素敵に仕上がりました。ぜひ手に取っていただけるとうれしいです◎https://madokayuki.theshop.jp/items/42388625

最近目がかゆいのですが…もしかして、これがうわさの花粉症?黄砂?
遅咲きのデビューの予感です。

あ、ティッシュケースにポーチが付いているタイプもつくりました。https://madokayuki.com/tissue-pouch/

ティッシュと目薬、リップをセットで持ち歩くのにいいかも。
花粉症やだなぁ…

kurumu #Organic Cotton GARABOU

手織り布のポーチができあがりました。

かたちはいつもの封筒型で、大きさは Lサイズとミニサイズをつくってみました。

L サイズは文庫本やはがきの入るサイズ。ミニサイズは名刺の入るサイズ。かばんの中の整理整頓に使いやすいサイズなので、何を入れるか迷うのも楽しいです。

糸は、たて糸にオーガニックコットンの双糸、よこ糸にオーガニックコットンのガラ紡糸をつかいました。

この組み合わせははじめて織ったのですが、サンプル織りのときからとてもよい仕上がりだったので、かなり期待しながら織りすすめました。

できあがってみて、やっぱりいい布になった!とひとりで大喜び。

機からおろして水通しをするとさらにやわらかく、糸の特徴もよくあらわれたので、さらに大喜び。 (この時点で誰かに言いたすぎてインスタグラムに漏らした!)

たいそうかわいらしい布になったので、仕立てたポーチもいとかわゆしです。

Lサイズのほうは紐を太めのみつあみにしました。シンプルだけどかわいい印象がプラスされていると思います。

ミニサイズのほうは、かざりのガラス玉の色を選べるようにしました。

クリーム色、こはく色、べっこうあめの色の3種です。

…これ書いていて気づいたのですが、「べっこう色」でよくないですか?

べっこうあめの色て!

オーガニックコットンのやさしい布。

オーガニックコットンの布ができあがりました。

やわらかくてとても気持ちの良い布です。

今回は「経継ぎ」という方法で糸を準備しました。

前回織ったのこり糸に新しい糸を結んでたて糸をセットする方法です。

この方法だと作業は少しだけ簡略化されますが、たくさんの糸を手作業で結んでいくのでこれはこれで大変な作業です。

西陣など織りの産地には、この作業専門のプロの方がいらっしゃると聞きます。きっと驚くような速さで結んでいくんでしょうね。。

わたしは、ぼちぼちと。

オーガニックコットンの糸をつかって織った布は、通常のコットンの布よりもしっとりもちもちな質感の布になります。

これがとても不思議なのですが、コットンに含まれている天然の油分のおかげなのだろうと思います。

オーガニックコットンの場合は糸の汚れや不純物を取る作業(精練)や糸を白くする作業(漂白)をせずに、生成りのまま扱われることが多いです。

なので、できあがる布の質感が独特なものになるのかな、と考えています。

あとは、手織りの力加減が関係してやわらかい布になるというところもあると思います。

できあがった布を水通ししました。よりいっそうやわらかくなって、素敵な布になりました。

これからポーチなど仕立てていこうと思っています。

草木染め×国産リネンガーゼストール

国産リネンガーゼ生地をつかった巻きものをつくりました。

まだまだ寒い日もあるので気が早いかな…と思ったのですが、梅の枝の収穫時期に合わせて染めもおこなったので、できたてをお届けしています◎

今回は生成りと梅染めの2種類を掲載しました。どちらもかわいいな~

生成りは亜麻(リネン)そのものの色で、透明感があって素敵。

ひとくちに「生成り」といってもコットンのそれとは全然ちがいますね。うっすらグレーがかったような、光があたると銀色のような… 糸のロットによっても結構差があったりするので、そのあたりもリネンの面白いところだなぁと思います。

梅染めは、深みのあるオレンジがかったブラウンというかんじでしょうか。植物の生命力をかんじさせてくれるような、力強い色味です。こちらもとても素敵。

生地には国産のシングルガーゼをつかっています。この生地もとてもいい。

生地はストールの土台になる大事なものなので、今年もとても悩みました。

ざっくりと説明すると、糸番手(糸の太さなど)、糸密度(目の粗いもの?細かいもの?)、織り方、産地など…

たくさんの要素から、今回のテーマにあうものを選びます。

そうして選んだ北陸で織られたリネンガーゼ生地。もうかわいすぎる存在。

去年つかった生地とくらべると、若干粗めの織りになっています。 (糸が太くなり、糸密度は低くなっています。)

粗目の布になったぶん上品さを足したいな~と思い、今年のストールは正方形にしました。商品名は linen showl です。なんか「ショール」って、おばあちゃんが肩にかけているイメージがあってかわいいなって思って。

上の写真は白ベースのコーディネートに羽織ってみたところです。
ガラ紡糸で織ったトートバッグと合わせてみると思った以上に合う◎

正方形なので肩にかけたり巻いたりと自由度が高いです。

定番商品のヤクストール

madokayuki では、ゆるっと「持たないくらし」を応援しています。

きびしく持ち物を管理する必要はないと思うのですが、お気に入りのものを少しだけ手元に置く暮らしが理想です。流行にかかわらず長くつかえるものを、キャパオーバーにならずに付き合える量だけ選んで持つ… 

そういう生活のための道具をつくりたいと考えています。

「まきもの」のカテゴリーは、「ヤク」or「ウール」どちらかひとつと、「リネン」。この2つがあればオールシーズンOKだよっていうスタンスで制作しています。基本の2枚として手元に置いてもらえるといいなと思います。

ひとつのものを選んで、修理して長く使ってもらう…そんなふうにできたらいいなと思っています^^ メンテナンスや修理依頼についても、ショップページにまとめていきたいです。あそこで買えば安心だと思ってもらえるようなお店になればいいな。

linen showl #生成り https://madokayuki.theshop.jp/items/41131512
linen showl #梅染め https://madokayuki.theshop.jp/items/41131897

定番商品として…季節のソックス

ベーシックで、季節ごとの色合いを楽しめるソックスをつくりたい。
そんな思いで手染めのソックスをつくりました。

オーガニックコットンを昔ながらの紡績機(ガラ紡と呼ばれる機械)で紡ぎ、専用の機械で編まれたソックス。手紡ぎのような素朴さ、甘撚りでふぞろいな糸の調子が魅力的な一足です。

オーガニックコットン×ガラ紡糸×手染めの組み合わせ。シンプルで味があって長く使えるデザイン。背景やストーリーの見える商品。その時々の色合いに染めて、お気に入りを見つける楽しみもあって…。妄想がカタチになっていくのはとても楽しいです。

2020秋バージョンは栗染め。冬バージョンには茜染めをご用意しました。素材そのものの風合いを堪能できる生成りもおすすめです。

肉厚なソックスは真夏以外は快適につかえます。すこし乾きづらいので、冬場や梅雨時期はあたたかい室内に干す必要があります。あとは、お洗濯や日頃のケアなどちょっとした点に気を付けていただければ、長く愛用できます。おでかけはもちろん、ルームソックスとしてもおすすめです。穴があいてもちくちくとダーニングで繕うのも似合いそうです。

オーガニックコットンとは、農薬や肥料の使用量・労働環境などの基準をクリアしたコットンのこと。手摘みで漂白もされていないので、色は生成りのまま、綿花のカラもついていたりと自然な状態に近いものです。

草木染といえど、なんども洗ったり染料の定着のため媒染剤(酢酸アルミ)を使用したりと、どうしても糸に負担をかけてしまいます。また、不揃いで肉厚な生地を染めるため、色ムラも避けられませんでした。

技術面の向上や方法の模索はもちろんですが、一方で「手仕事にどこまで完璧さを求めるのか?」という自分の中の疑問もあります。もしももっと均一に色をのせたいのなら、均染剤をつかえばいい。無漂白コットンのもつ自然のオイルを脱脂すればいい。でもそれでいいの?と。 いかに糸の負担を減らしながらきれいに染めるかが今後の課題です。

このあたりのことについては、コットンの栽培について、化学染料と草木染についてなど、多くのことを語る必要があります。すこし頭を整理して、また続きを書きたいと思っています。(つづく)

セット販売もご用意しています。https://madokayuki.theshop.jp/categories/3283883

数寄屋袋ポーチ【生成りリネン】

リネンの手織りポーチをつくりました。

世界中で古くから使われているベーシックなデザイン。
日本では「数寄屋袋」として茶道具を入れて帯のお太鼓に収納したり、「三徳袋」という名前で江戸時代の小物入れとして利用したりしていました。

布を余すことなく使う無駄のないデザインだし、シンプルで使いやすい。

ファスナーポーチや巾着ももちろん大好きだけれど、この形ならバッグインバッグとしてもクラッチバッグとしても使えるので機能的にも無駄がないと思う。

内側にマグネットホックを付けました。

内布には国内産のリネン生地を。
倉敷の織物工場でつくっている生地で、天然染料で染めている布です。

若草色で、ふたを開けると明るくてかわいい。

販売ページはこちらです。
https://madokayuki.theshop.jp/items/31165997

同じ生地でつくっているキッチンクロスもおすすめです。

https://madokayuki.theshop.jp/items/29796351

さて、今は同じカタチで紐でくるくる巻いて包むタイプの kurumu(クルム)の藍染バージョンをつくっています。

ありがたいことに品薄になってきましたので、夏らしいさわやかなデザインのものを。

できあがりましたら紹介しますね。

【追記】できました。 https://madokayuki.com/kurumu15/

ずっと作り続けたいもの。リネンのキッチンクロス

キッチンクロスをつくりました。
手織りをはじめた初期の頃からつくっている定番商品です。

生成りのリネンを平織りしたシンプルな布。

ふきんとしてはもちろん、プレイスマットやカゴの目隠し、折りたたんで鍋つかみや鍋敷きにつかうのもよいです。

一枚で何通りにも使えるので、キッチンに一枚あると重宝します。

自宅でつかっていたクロスはこんなにくたくたになってしまいました。
漂白実験につかったので見た目はこんなかんじですが、擦り切れなどはなくまだまだ現役です。

リネンの商品は今では巷にあふれ、数年前では考えられなかったほど安い値段で手に入るようになりました。

リネンのキッチンクロスも然り。色や柄も豊富で、安くて良いものが手に入ります。

そんななかで、生成りの、何の変哲もないクロスをつくり続ける私…

30年くらい先の姿を想像しながら織っています。

お互いにクタクタになって、良い塩梅だとよいよね。

やっぱりリネンのハンカチが好き。

リネンのシンプルなハンカチを織りました。

無地とチェックです。

リネンの生地感はやっぱり特別です。

織るときは作業しやすいよう糊をつけますが、できあがってのりを落としてアイロンをかけると、たわんたわんのとろんとろん。

薄い生地ですが、吸水性がよくすぐ乾く点も魅力です。

タグやロゴはいれておりません。わたしの作品だけれども、つくったあとはつかってくださるかたのもの。

性別、年齢かかわらず、どなたにも似合うハンカチです。気に入ってくださる方に出会えますように。

*藍染 soldout ありがとうございました。

生成りは在庫がございます。http://madokayuki.theshop.jp/items/28246182